Nikon FE

2017.02.15

絞り優先一眼レフ・ニコンFE――FMの陰に隠れた悲運の名機

Nikon FE

「シンプルニコン」というニックネームで1978年に発売された、ニコンFE。

ニックネームの通り、すべてにおいてシンプル。
すべてのフィルム一眼レフのなかでも標準的な、優等生カメラだといえるでしょう。

ニコンならではの作りの良さはもちろんのこと、絞り優先AE搭載で、初心者にも使いやすく仕上がっています。

ニコンの中古一眼レフというとFMシリーズばかりが取り沙汰されますが、これがなかなか、FEもいいカメラなんですよ!
人気さを反映してか、FMよりも中古が安いのもメリット。

特徴がないのが特徴。
そんなカメラ、ニコンFEとはどんな機種なのか。
中古フィルムカメラ専門店、サンライズカメラのスタッフが徹底解剖していきます。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

ニコンFE

「シンプルニコン」ニコンFEについて、まずは性能・スペックから見ていきましょう。

ニコンFEのスペック

Nikon FE

形式35mm一眼レフカメラ
シャッター速度B、1秒〜1/1000秒
機械式
横走り布幕フォーカルプレーンシャッター
露出計TTL開放測光
SPD受光素子
AE絞り優先
ファインダー視野率約93%
倍率約0.86倍
絞り値直読み窓あり
レンズマウントニコンFマウント
対応レンズAi以降の絞り環つきレンズ
(それ以前の非Aiレンズは絞り込み測光可能)
電池SR44もしくはLR44を2個
発売年1978年

ニコンFEの特徴

ニコンFEの最大の特徴は、なんといっても絞り優先AE。

使い方は簡単。
シャッターダイヤルをA位置に合わせるだけでOKです。

Nikon FE

その他の機能も、35mmフィルム一眼レフとして至って標準的なつくりなので、このカメラを使いこなすことができれば、フィルムカメラのだいたいの機能は覚えることができるでしょう。

初めての中古フィルム一眼レフとしても、間違いなく! おすすめできるカメラです。

外観も、「カメラ」と言われてイメージする通りの、至ってオーソドックスなもの。
ニコンFEは、特徴がないのが特徴のカメラといえるかもしれません。

このカメラがマニュアル露出で使いこなせたら、どんな中古カメラでも使えるようになれますよ。

中古ニコンカメラならサンライズカメラ
中古ニコンならサンライズカメラ

金属外装と電子シャッターのはざまで

ニコンFEはとてもよいカメラです。

しかし写真愛好家の間では、どうしてもFMの影に隠れてしまっている印象があるのではないでしょうか。
中古カメラ店でも、初代FMはガラスケースに並んでいるのに、FEはジャンク籠に入れられてしまっていることさえあります。

もちろん、ニコンならではの堅実な作りは中級機のFEでも健在。
しかしながら、機械式シャッターではなく電子シャッターを採用したことが、その後の明暗を分けてしまったのです。

ニコンFEの登場

ニコンが露出系連動をAi方式に改めた1970年代後半、それまでのニコン製品より大幅に小型・軽量化したカメラを送り出しました。

まず、1977年のNikon FM
こちらは機械式のカメラです。

そして1978年、絞り優先AEを搭載したNikon FEも、後を追うようにして登場するのです。

FMはニコマートFT系。
FEはニコマートEL系の後継機だといえるでしょう。

(ニコンの一眼レフについて詳しくはこちら)

ニコンのフィルムカメラ代表機種まとめ 中古で手に入れて使ってみたいおすすめ機種とは?

Nikon FMとNikon FEはほとんど同じ外観をしており、サイズもほぼ同様です。
もちろん操作性も同一で、一見すると絞り優先AEの有無以外に差を感じにくいかもしれません。

(外観上の非常に細かな違いとして、クロームボディの場合、初代FMはシャッターボタンの周りが銀色、FEは黒色という差もあります)

AEの搭載は、1976年のCanon AE-1の大成功を相当に意識したものに違いありません。
しかし、この絞り優先AE、そしてAE実現のための電子シャッター採用が、カメラファンにとってFEの存在を微妙なものとしてしまったともいえます。

絞り優先カメラとしてクリーンヒット

Canon AE-1にも大きな影響を受けたと思われるニコンFE。

「連射一眼」Canon AE-1で70年代のカメラを味わおう

AE搭載小型軽量一眼レフというトレンドに乗ったニコンFEは、当時のカメラユーザーに喜びをもって迎えられました。

Canon AE-1やPENTAX MEといったライバル機種とは比べ物にならない上質の仕上げ。
ニコンならではの堅牢性。
そして高性能なニッコールレンズ。

機械式で、悪く言えば保守的な設計のFMに比べて、新品発売当初はニコンFEのほうがユーザーにとって魅力的な機種だったことは間違いありません

実際、中古店でもこころなしか、FMよりFEのほうが見かける印象があります。

機械式ブームで影に隠れる

Nikon FE

ところが、90年代以降の中古カメラブームのなかでは、どうしてもFMやNewFM2の人気に隠れた存在となってしまったのです。

その理由はやはり、シャッターが電子式であること。

外装が金属製であっても、シャッターが機械式ではないというその一点だけで、中古カメラファンから敬遠されがちになってしまったのです。
中古カメラファンには機械式信仰というものがあるのです。

仕上げは上質。
機能性も高い。
初心者でも使いやすい。

ニコンFEはとてもよいカメラです。
ところが、実用と趣味性の狭間で、運悪く日の当たらない存在になってしまったのです。

ただしそのために、中古の価格はFMよりは安くなり、手に入れやすいようにもなったので、功罪があるともいえるでしょう。

中古ニコンカメラならサンライズカメラ
中古ニコンならサンライズカメラ

ニコンFE中古購入時のポイント

ニコンFEを購入するときは、いくつかの点に気をつけましょう。
基本的には保証つきのものを中古購入すればOKです。

電子シャッターの状態に注意

Nikon FE

ニコンFEの特徴、電子シャッターと絞り優先AE。

真っ先にチェックするのは、絞り優先AE時にきちんとシャッター速度が変化するかということです。

保証付きの中古品では問題ありませんが、保証なしで販売されているもののなかには、オートが壊れている個体も存在します。
具体的には、オートが故障している場合、ニコンFEはシャッターが全速、機械式の1/90秒で動作するようになってしまいます。

電池を入れて動作確認するのがおすすめです。

巻き上げを確認

こちらも保証ありの中古なら大丈夫なポイントですが、状態の悪いニコンFEには、巻き上げレバーが滑ってしまい、フィルム巻き上げもシャッターチャージも不可能な個体が存在します。

基本的には中古店でもジャンク扱いとなりますが、もしネット上で見つけたりしても、購入は控えたほうがよいでしょう。

モルトや電池室をチェック

これはFEに限ったことではありませんが、裏蓋のモルト劣化や、電池室に液漏れがないかなど、中古カメラ購入時の一般的なチェックポイントもしっかり確認しましょう。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

ニコンFEに息を吹き込んでみませんか?

中古市場では、機械式のFMの人気の陰に隠れてニコンFEは敬遠されがちです。

しかしながら、的確な露出を実現してくれる絞り優先AEはやはり便利なもの。
もちろんニコンならではのがっしりとしたホールディングも健在です。

電子式といいながら、作りのよさはやっぱりニコン!
なぜこのカメラが中古で人気がないのか、触ってみると不思議に思うはず。

堅実な設計のオーソドックスなカメラ、それがニコンFE。
ぜひ中古で手に入れて、あなたの手で、ニコンFEに新しい命を吹き込んでみませんか?

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近の投稿