ニコンのフィルムカメラ代表機種

2017.12.11

ニコンのフィルムカメラ代表機種まとめ 中古で手に入れて使ってみたいおすすめ機種とは?

ニコンのフィルムカメラ代表機種

日本を代表するカメラメーカー、ニコン(Nikon)。

フィルムカメラの時代から世界をリードするカメラを作り続けていて、ぜひ中古で手に入れてみたいかずかずの名機が存在しています。

今回は、ニコンのフィルムカメラの名機を探している方のために、代表的な機種についてまとめました。

カメラの歴史に残るニコンのフィルムカメラは、フィルムで写真を撮る喜びを味わえる機種ばかり。
どの機種も共通して、非常にしっかりとしたつくりになっているので、初心者の方でも安心して使うことができますよ。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

ニコンのフィルムカメラ代表機種 一眼レフ編

まず最初に、ニコンのフィルムカメラから代表的な一眼レフカメラを紹介します。

1:ニコンF(1959年)

Nikon F

ニコンF(Nikon F)は、1959年に発売したニコン初のフィルム一眼レフカメラ。

世界で初めての「プロが仕事で使えるクオリティを持った」一眼レフカメラとして知られており、このニコンFの登場により、全世界的に一眼レフが普及したといっても過言ではありません。

デザインは戦後日本を代表するデザイナーの亀倉雄策
三角屋根の端正なデザインは、一眼レフカメラのなかでももっとも美しいもののひとつです。

性能的にはフィルム一眼レフカメラとしては一般的なもの。
つくりは非常に堅牢で、基本的に「壊れることがない」カメラであるといえるでしょう。

詳しくはこちら

伝説の名機ニコンFの特徴・おすすめモデルを一挙紹介!

2:ニコマートFTN(1968年)

Nikomat FTn

ニコマートFTN(Nikomat FTn)は、当時の日本光学(ニコンの改称前の名称)が、廉価版一眼レフとして発売したカメラ。

廉価版、といっても、堅牢なカメラを作らせたら世界一のニコンが設計しただけあって、上で紹介したニコンFに勝るとも劣らない頑丈さを誇ります。

実は上記のニコンFよりも優れた点があり、ニコンFでは露出計を交換式ファインダーに内蔵したため不格好になってしまったのに対し、こちらのニコマートFTnは最初から露出計を内蔵しているため、スマートかつ使いやすい構造になっています。

詳しくはこちら

ニコマートFTN 60年代を代表する基本機能完備のフィルム一眼レフカメラ

ニコマートFTnと同系統のカメラとしては、前機種のニコマートFT、露出計を除いたニコマートFS、改良機のニコマートFT2、そしてレンズとの連動機構をAi方式に改めたニコマートFT3があります。

3:ニコンF2(1971年)

ニコンF2フォトミック

ニコンF2(Nikon F2)は、ニコンFを改良したプロ向けフラッグシップ一眼レフカメラ。

いわゆる「F一桁」と呼ばれるカメラの二代目です。

見た目はニコンFよりも全体的に丸っこくなり、手に持ったときのホールド感がよくなりました。
シャッターの最高速度が1/1000から1/2000になるなど、機構面もすべてブラッシュアップされています。

かつてはニコンFの陰に隠れた存在だったのですが、F一桁機は次のF3から電子式になってしまうため、近年では最後の機械式(電池がなくても動く)F一桁として人気が高まっています。

詳しくはこちら

ニコンF2の性能・選び方!機械式ニコンの決定版を楽しもう

4:ニコマートEL(1972年)

noimage

ニコマートEL(Nikomat EL)は、絞り優先AEを搭載したフィルム一眼レフカメラ。

電池がないと動作しない電子カメラですが、そこはニコンのカメラだけあって堅牢そのもの。
サイズこそ大柄ですが、ニコンならではのがっしりした感触はFやF2に通じるものです。

操作が非常にオーソドックスな、使いやすい機種です。
シリーズ機種として、ワインダー装着が可能なニコマートELWと、Ai方式を採用したニコンEL2があります。

5:ニコンFM(1977年)

Nikon FM

ニコンFM(Nikon FM)は、機械式の中級フィルム一眼レフカメラ。

電池がなくても動作し、すべての機構がバネとゼンマイで作られている機械式フィルムカメラのなかでも代表的な機種のひとつです。

紹介したニコマートFTnなどの流れをくむ中級機ですが、最も異なるのがそのサイズ。
ニコマートなどそれ以前の機種より大幅に小型化し、とても持ち歩きやすくなっています。

6:ニコンFE(1978年)

Nikon FE

ニコンFE(Nikon FE)は、上記のニコンFMと見た目はそっくりですが、機構が異なるカメラです。

ニコンFMがニコマートFTn系列の後継機なら、こちらはニコマートEL系列の後継機。
絞り優先AEを搭載し、電子シャッターとなっています。

電子カメラということでニコンFMのほうが中古での人気は高いのですが、こちらのニコンFEのほうが、露出計の表示方法が見やすい(FM:LED式 FE:アナログ追針式)ため、実は一定のファンがいるカメラです。

詳しくはこちら

絞り優先一眼レフ・ニコンFE――FMの陰に隠れた悲運の名機

7:ニコンF3(1980年)

Nikon F3 アイレベル

ニコンF3(Nikon F3)は、ニコンF一桁機の3機種目にして、はじめて電子式シャッターとなった機種。

電子式シャッターですが、ニコンのフラッグシップだけあり堅牢性は抜群。
ロングセラーでもあり、なんと2000年まで20年に渡り販売され続けました。

デザインはイタリアのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ。
現代のデジタル一眼レフにも受け継がれるニコンの「赤」のワンポイントは、このカメラにはじまりました。

中古の数が非常に多く入手しやすいため、これからフィルムカメラを始めたいという方におすすめのニコン製カメラのひとつです。

詳しくはこちら

名機ニコンF3 完全ガイド! Nikon F3の機種・使い方を徹底解説

中古ニコンカメラならサンライズカメラ
中古ニコンならサンライズカメラ

8:ニコンEM(1980年)

Nikon EM

ニコンEM(Nikon EM)は、日本ではF3と同時に発売したエントリー一眼レフ。
(海外では1979年発売)

こちらもF3と同じく、ジウジアーロのデザインです。

特徴が、それまでのニコンのカメラとはうってかわって、絞り優先AE専用の簡単操作になったこと。
特殊な撮影には向きませんが、見た目の軽快さもあいまって、気軽に使うならこれ以上の機種はありません。

詳しくはこちら

「リトルニコン」Nikon EM 優美な小型一眼レフを中古で使ってみませんか?

9:ニコンFM2(1982年)・ニコンNew FM2(1984年)

Nikon NewFM2

1982年に発売した機械式一眼レフ。
それまでと異次元の性能を実現したカメラです。

ポイントは、最高シャッター速度が当時世界最速の1/4000秒だということ。
夢のスペックを実現したカメラとして、ニコンの技術に世界が驚きました。

シャッターの高速化により、FM2ではストロボ同調速度も1/200秒に高速化。
1984年に改良されたマイナーチェンジ版、New FM2では同調速度は1/250秒になりました。

全体の製造台数ではNew FM2のほうがはるかに多く、F3同様ロングセラーとして2001年まで販売が続きました。

このNew FM2は、写真を学ぶ学生に愛用されたカメラとしても知られており、フィルムカメラを初めて使う方にももっともおすすめした機種だといえるでしょう。
使えば使うほど写真がうまくなるカメラ。
それがNew FM2なのです。

詳しくはこちら

Nikon NewFM2写真がうまくなるフィルム一眼レフ

中古ニコンカメラならサンライズカメラ
中古ニコンならサンライズカメラ

10:ニコンFE2(1983年)

Nikon FE2

ニコンFE2(Nikon FE2)は、FMに対するFM2に相当する、FEのシャッター最高速を1/4000秒にしたバージョン。

基本的にはNew FM2の絞り優先AE搭載バージョンであるといえます。

アクセサリなども、過去のFM、FEも含め共通で使用可能です。

11:ニコンFA(1983年)

Nikon FA

ニコンFA(Nikon FA)は、ニコンで初めて、シャッター優先AEとプログラムAEを採用したカメラ。
ニコンで初めてのマルチモード機です。
最高シャッター速度はNew FM2やFE2と同じく1/4000秒。

露出モードもさることながら、発売当時このカメラが注目されたのが、非常に高精度な露出計を搭載していたということ。

搭載した5分割マルチパターン測光は、その後のカメラで主流となる分割測光に先鞭をつけたものとなりました。

この技術革新が評価され、「カメラグランプリ’84」を受賞しています。

詳しくはこちら

Nikon FA ニコン初のマルチモードAE・マルチパターン測光機

12:ニコンF4(1988年)

Nikon F4

ニコンF4(Nikon F4)は、ニコンF一桁機のなかで初めてオートフォーカスを採用した機種。

とはいえ、今の目で見るとオートフォーカスの性能は少々不足気味。
現在ではむしろ、マニュアルフォーカスで使用する際の便利さのほうが評価されているカメラです。

非常に見やすいファインダーは、マニュアルフォーカスのニッコールレンズを味わうのに最適。
中古価格も安いので、ニコンのフラッグシップを気軽に楽しむことができますよ。

詳しくはこちら

ニコンF4 モダンとクラシックが同居したF一桁機

13:ニコンFM10(1995年)

ニコンFM10

ニコンの最廉価版マニュアルフォーカス一眼レフとして設定された機種。
それがニコンFM10(Nikon FM10)です。

FMというネーミングの通り、FMやNew FM2のように機械式カメラですが、実はこのカメラは「コシナ」のOEM製品
とはいえニコン独自の味付けがなされているため使用感は良好です。

2017年時点で、F6と並んでニコン最後のフィルムカメラとして現行品になっています。

詳しくはこちら

中古で手軽に手に入るフィルム一眼・ニコンFM10とはどんなカメラ?

14:ニコンF5(1996年)

Nikon F5

ニコンF5(Nikon F5)は、ニコンF4の後継機として開発されたフラッグシップ一眼レフ。

特徴は、まるで戦艦のような大型ボディ
超大型ボディに、1005分割3D-RGBマルチパターン測光や毎秒8コマの超高速連射など、フィルムカメラとしてこれ以上ない高性能を詰め込んでいます。

プロの仕事のためのマッシブな道具です。

詳しくはこちら

Nikon F5 最後のプロ用35mmフィルム一眼レフを今使うこと

15:ニコンF100(1998年)

Nikon F100

ニコンF5が大型化しすぎて使いにくくなってしまった反省から、F5並の機能を小型で使いやすいボディで実現することをコンセプトに開発されたカメラ

それがニコンF100(Nikon F100)です。

機能的にはニコンF5をほぼ受け継いだもの。
露出計は3D-10分割マルチパターン測光と少し機能面で異なりますが、オートフォーカスに関してはF5とまったく同じものを採用しています。

詳しくはこちら

ニコンF100 コンパクトなボディに高性能を詰め込んだF5の弟分

16:ニコンFM3A(2001年)

Nikon FM3A

ニコンFM3A(Nikon FM3A)は、New FM2とFE2双方の後継機として開発されたフィルム一眼レフカメラ。

ニコンのマニュアルフォーカス一眼レフとして、最後に新規開発された機種となります。

特徴がハイブリッドシャッター。
マニュアル時にはすべてのシャッター速度が機械式に、絞り優先AEではすべて電子式に、自動で切り替わるというマニアックかつ複雑な機構を内蔵しています。

ニコン最後のMF機として、今なお非常に人気の高い機種です。

詳しくはこちら

ニコンFM3A 中古でも人気の「最後のMF一眼レフ」の魅力とは?

中古ニコンカメラならサンライズカメラ
中古ニコンならサンライズカメラ

17:ニコンF6(2004年)

Nikon F6

「最後のF一桁」として開発されたフラッグシップ一眼レフです。

それ以前のフラッグシップ機、F5以前はプロの道具として開発されましたが、このF6が発売された2004年は、すでにデジタルカメラの優位が決していた時代。
そのため、写真愛好家をターゲットに「使い心地」に気を配ったカメラとなりました。

ニコン最後のフィルムカメラとして、非常に気合を入れて設計されているカメラです。

2017年時点では現行品です。

詳しくはこちら

Nikon F6 上質さを兼ね備えた最後の「F一桁機」

ニコンのフィルムカメラ代表機種 レンジファインダー編

次に、1950年代にニコンが開発したレンジファインダーカメラを紹介します。

18:ニコンSP(1957年)

Nikon SP

ニコンSP(Nikon SP)は、ニコンのレンジファインダーのフラッグシップ機種。
そして、日本製のレンジファインダーカメラのなかで最高峰に位置づけられるカメラです。

特徴は、贅を凝らしたファインダー。
「ユニバーサルファインダー」と呼ばれています。
標準・望遠側のファインダーと広角側のファインダーを分け、標準・望遠側はもちろんパララックス自動補正などの機能はすべて搭載。
考えうる撮影シーンにすべて対応しています。

またこのニコンSPは、この記事の最初に紹介した、ニコン初の一眼レフ、ニコンFのベースとなったカメラでもあります。

2005年には復刻版も製造されています。

詳しくはこちら

ニコンSP 日本光学の粋を集めた国産レンジファインダーの最高峰

19:ニコンS3(1958年)

ニコンS3

ニコンS3(Nikon S3)は、ニコンSPのファインダーを簡略化した廉価機種。

単なる廉価機種と思いきや、ニコンSPで複雑になりすぎ、ともすれば使いにくくなってしまったファインダーが改良されているため、むしろこちらを選ぶ人もいる、という機種になっています。

レス・イズ・モア。
省略の美学を感じるカメラです。

2000年にはこちらも復刻されています。

詳しくはこちら

ニコンS3 「レス・イズ・モア」隠れた名レンジファインダー

ニコンのフィルムカメラ代表機種 コンパクト編

最後にコンパクトカメラの代表機種を紹介します。

20:ニコンL35AF(1983年)

Nikon L35AD(ニコンピカイチ)

ニコンL35AF(Nikon L35AF)は、ニコンが初めて作ったコンパクトカメラ。
全自動・プログラム露出の押すだけカメラですが、非常に真面目な作りで、写りにも定評があります。

搭載レンズのニッコール35mm F2.8はゾナータイプ。
見かけの被写界深度を増すことを念頭に置いた独特の設計で有名です。

愛称は「ニコンピカイチ」。
日付写し込み機能の有無で、L35AFとL35ADの2機種に別れますが機能的には同等です。

コンパクトカメラについて興味がある方は、こちらの記事もおすすめです。

「写ルンです」よりお得!? 2万円以下で買えるオススメフィルムカメラ10選

中古ニコンカメラならサンライズカメラ
中古ニコンならサンライズカメラ

21:ニコン35 Ti(1993年)

ニコン35Ti(Nikon 35Ti)は、ニコンが初めて作った高級コンパクトカメラ。
35mmレンズ搭載です。
チタン外装に、一眼レフに比類する高級レンズ。
使う喜び、持つ喜びを感じられるカメラです。

最大の特徴がボディ上面のアナログ指針。
セイコーエプソン製の指針が、設定を変えるたびにくるくると回ります。

22:ニコン28Ti(1994年)

Nikon 28 Ti

ニコン28Ti(Nikon 28Ti)は、ニコン35Tiの28mmレンズ搭載版です。

細かい改良はありますが、基本的な機構は同様となります。

詳しくはこちら

Nikon 28Ti ニコンが本気で手がけた高級コンパクト

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

ニコンのフィルムカメラを使ってみませんか?

魅力的な機種がよりどりみどりのニコン製フィルムカメラ。
どれも使いやすく、頑丈で壊れにくいので、初心者の方にもおすすめです。

ぜひあなたにぴったりのカメラを見つけてみてくださいね!

当店公式サイトでもさまざまなニコン製カメラを取り揃えているのでぜひ御覧ください!

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近の投稿