BLOG

2016.11.25

PENTAX LXを選んだ理由 その①

 

blog_image028

こんばんは。

スリランカへの旅、その相棒に選んだカメラの話です。

それはこのカメラ。
じゃーん。

8954_12

PENTAX LX 後期モデル
レンズは smc M 50mm F1.4と28mm F2.8の2本です。(写真はF1.7ですが。。。)

発売は1960年、創立60周年記念に作られた
PENTAX至上最高の呼び声高い、
渾身の高級一眼レフカメラです。定価はボディのみで発売当時112,000円。

フィルムカメラ屋の店長という立場上、
自慢じゃないけど、僕はフィルムカメラのハーレム状態。
4年間で数千台を販売してきて、一応目も肥えてます。たぶん。

あこがれのこんなブランド Leica M4 や

7098_1

発売当時の定価が400,000円近くしたこんなカメラ Hasselblad 500C/M

6279_1

はたまた国産カメラメーカー王者の大ヒットカメラ Nikon F3 HP

6359_2

まさに、選びたい放題、撮りたい放題。
そんな中で、LXが僕の相棒となった理由。

今思いかえすとこんな感じかなと。

その① なによりカッコイイ
その② 35mm フィルム1眼レフカメラであること
その③ ほどよいマニュアルカメラであること
その④ PENTAXであること
その⑤ PENTAX至上最高の銀塩カメラ(とよく言われていること)

まず、理由その①、なによりカッコイイ。

すいません、超主観的な理由で。

でもたぶんこれ、選んだ理由の70%ぐらいかもしれない。
確実に50%以上。

そもそもフィルムカメラ屋さんに落ち着いた理由の大部分が、
見た目の美しさという不純な動機の僕なので、これはしゃあないかなと。

でも見てください、この美しさ。
僕の中の、ザ・フィルムカメラです。

8954_01

一切の無駄がない、漆黒の機能美。
最高級機の名前に恥じない、ただならぬ上質さ。
コンパクトさを感じさせない、圧倒的な存在感。
まさに、ザ・フィルムカメラ(僕の中で)

1980年の発売から2001年の生産中止まで、20年以上もの間、
PENTAX一眼レフ機のフラッグシップとして君臨し続けた理由が
機能面だけでないことは、実際にこの機体を見てもらえればわかるはずです。

ファッションアイテムというと、かなり語弊があるのですが、
首からぶら下げているだけで、気分が浮き立ってくるそんなカメラです。

続いて、理由その②、35mm フィルム1眼レフカメラであること

ここからは、初心者の方がフィルムカメラ最初の1台を選ぶ際の
参考にしていただけるとよいな、という思いで書いてみます。

中級者以上の方には、既知の内容も多いと思いますが、
それは違うぞ!とか、こっちのほうがいいぞ!とか
つっこみをいただけるとありがたいです。

引き続きお付き合いくださいね。

では今日はこの辺で。

著者紹介:新名隆祥

著者紹介:新名隆祥

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:0744-46-9124
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝)

ページトップへ戻る