2017.01.16

Fujifilm GA645シリーズ 最も簡単に使える中判カメラ

GA645i

Fujifilm GA645シリーズは、AFとAE、自動巻き上げを搭載し完全自動化を実現した中判カメラ
かずかずの中古中判カメラのなかでも非常に独特な立ち位置のカメラです。

あなたは、もっと簡単に中判カメラが使えたら、と思ったことはないですか?
35mmフィルムからデジタルカメラへの移行が進むことで、逆に注目が集まっている中判カメラ。
ですが、プロ向けに作られている多くの中古中判カメラは初心者には操作が難しいものも多いのが現実です。

そんなときに、初めての中判カメラとして最適なのがGA645シリーズだといえます。
Fujifilm GA645シリーズでは、ピント・露出・巻き上げのすべてを自動化。
それによって、コンパクトカメラと同じ「押すだけ」のカメラに仕上がっているのです。

もちろん高性能レンズと645判で画質は中判ならではの上質なもの。
中古の中判カメラとしては価格も安め。
初めての中古中判カメラにぴったりです。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

Fujifilm GA645シリーズ

Fujifilm GA645

「押すだけ」で中判の高画質を味わえる。
Fujifilm GA645シリーズ。
いまでは中古でしか手に入らないAF中判カメラとは、いったいどんなものなのでしょうか。

誰でも使える中判カメラ

35mmフィルムに比べて大きな画面サイズが使える中判カメラ。
いまでは35mmフィルムはほぼデジタルに置き換えられてしまいましたが、その流れとは裏腹に、カラーやモノクロのフィルムで自己表現を行う道具として、中古の中判カメラが俄然注目を集めています。

ところが、これまで35mmフィルムカメラやデジタルカメラしか使ったことがない方にとって、中判カメラの操作は難しいのも現実です。

AEを搭載せず絞りとシャッターを手動で決める。
マニュアルフォーカスでピントを合わせる。

中古で人気の機種の中には設計が古いものが多いこともあり、初めてフルマニュアルのカメラを扱うときは、失敗写真を量産してしまうのも仕方がないことです。

さて、実は1990年代、そんな中判カメラを気軽なものにしようという挑戦が存在しました。
Fujifilmが出した結論。
それが、初心者でも押すだけで使える中判カメラを開発するということだったのです。
すなわち、GA645シリーズの登場です。

GA645シリーズの共通の特徴・スペック

形式 AF中判カメラ
シャッター レンズシャッター
2秒〜1/700秒(F9.5より絞りを開いた状態では最高1/400秒に制限)
電子式
レンズ Super EBC Fujinon 60mm F4(GA645、GA645i)
Super EBC Fujinon 45mm F4(GA645W、GA645Wi)
Super EBC Fujinon 55-90mm F4.5-6.9(GA645Zi)
露出計 中央重点測光
ファインダー内測光
AE プログラムAE
絞り優先AE
マニュアル
AF アクティブ・パッシブハイブリッド式
ファインダー 逆ガリレオ式ファインダー(Zi以外)
透過型液晶ブライトフレーム付き実像ファインダー(Ziのみ)
電池 CR123A リチウム電池 x2
発売年 1995年(GA645、GA645W)
1997年(GA645i、GA645Wi)
1998年(GA645Zi)

それでは、初心者でも簡単に使える中判カメラ、GA645シリーズはどんな特徴を備えているのでしょうか。

GA645シリーズは大きく3期に分けることが可能。

GA645・GA645W(1995年)
GA645i・GA645Wi(1997年)
GA645Zi(1998年)

状態にもよりますが、中古価格は年式に比例しています。

共通の特徴として以下のような点が挙げられます。

プログラムAEを搭載

Fujifilm GA645

GA645シリーズでは、プログラムAE(完全自動露出)によって、面倒な操作なしに適正露出の写真を撮影することが可能です。

しかもマニュアル露出と絞り優先AEも搭載しているため、中判カメラに慣れてきたら、表現意図を反映した作品づくりにも活用することができるのです。

オートフォーカス搭載

Fujifilm GA645

中判カメラは数多く存在していますが、AFを搭載した中判カメラは、当機のほかにはPENTAX 645Nなど数少ないもの。
とくにこれだけ小型であるというのは、他の中古カメラにはない特徴です。

搭載しているAF機構は、位相差検出式と赤外式の2つを組み合わせた、Fujifilm独自のもの。
いかにレンズの画質や画面サイズが大きくても、ピントを外していてはまったく意味がありません。

その点、GA645シリーズならまったくの初心者でも、中判ならではの写真を簡単に生み出すことが可能です。

90年代の中古カメラながら、AFやAEの精度はなかなかのもの。
押すだけで十分よい写真が撮れますよ。

中古富士フィルムカメラ・レンズならサンライズカメラ
中古富士フィルムカメラ・レンズならサンライズカメラ

オートローディング・オートワインディング

Fujifilm GA645

オートローディング(フィルム自動装填)とオートワインディング(自動巻き上げ)を搭載した中判カメラも、世界広しといえど、このGA645シリーズだけだといえるでしょう。
赤外センサーでフィルムを検出することで、フィルム給送系も完全自動化しています。

120フィルムの装填は少し慣れてきた方でも失敗することがあるもの。
他の中古中判カメラは基本的に自分の手で確実にフィルムを装填する必要があります。
ですがGA645シリーズなら、「タケノコ巻き」などの致命的ミスはありえません。

初めての中判に最適な645判

Fujifilm GA645

GA645シリーズは、その名前からもわかるとおり、120フィルムを用いる645判を採用しています。

645判とは中判のなかでも小さいもので、約60x45mmの画面サイズのためにこう呼ばれています。
中判の中でも小さいといっても、35mmフィルムカメラ(36x24mm)に比べ面積は約3倍
十分過ぎる高画質です。

さらにいえば、中古の価格も6×7判よりも安く手に入りますよ。

撮影枚数も1本のフィルムにつき16枚と多いので、フィルム代を気にせずどんどん撮影していくことが可能です。

中古富士フィルムカメラ・レンズならサンライズカメラ
中古富士フィルムカメラ・レンズならサンライズカメラ

Fujifilm GA645シリーズの各機種紹介

このように誰でも使える中判カメラがGA645シリーズ。
それでは、GA645、GA645Zi、GA645Wという3つの機種には、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

ぜひ中古購入の参考にしてみてくださいね。

Fujifilm GA645 Professional

Fujifilm GA645

GA645 Professionalは1995年発売の、このシリーズの基礎となったカメラ。

他機種に比べた特徴として、どんなシチュエーションにも対応できるレンズを搭載していることが挙げられます。

搭載レンズはSUPER-EBC FUJINON 60mm F4。
35mm判換算で37〜38mm相当という、まさにコンパクトカメラで多用された画角そのもののレンズなので、多彩な環境で活躍してくれることでしょう。

もし中古を買うときに搭載レンズで迷ったら、過不足ない焦点距離のこちらがおすすめです。

Fujifilm GA645W Professional

Fujifilm GA645W

GA645W Professionalは、Wという名の通り広角レンズを搭載したカメラ。

搭載レンズはSUPER-EBC FUJINON 45mm F5.6。
35mm換算で28mm相当の画角は、街頭スナップや風景写真に最適です。
とくにこのカメラは、山岳写真家にも愛用されたことで有名です。

どんなカメラでも広角レンズ搭載機種は後々人気がとても高まるもの。
GA645W Professionalを探しているなら、中古の値段が上る前に、いまが買いどきかもしれません。

Fujifilm GA645i Professional

GA645i

GA645iはGA645の小改良バージョン。

バーコードのプリントされた中判用フィルムに対応。

前機種との違いとして最も大きいのが、シャッターボタンがボディ前面に追加され、縦位置での撮影が便利になったこと。

645判ではカメラを横に構えた場合、縦位置での撮影となってしまうので、この改良はとても大きなものです。

レンズは基本的に同じで、非常にオーソドックスなつぶしのきく焦点距離なので、こちらも中古はおすすめです。

Fujifilm GA645Wi Professional

GA645WiはGA645iの広角バージョン。

基本的にはGA645Wを改良したものとなっており、改良点もGA645iと同じです。

完成度が更にアップしているため、GA645WとGA645Wiの双方の中古があったら、こちらを選ぶのがよいでしょう。
とくに広角時、縦位置でのレリーズができるのは非常に大きなメリットです。

Fujifilm GA645Zi Professional

Fujifilm GA645Zi

GA645Zi Professionalは、ズームレンズを採用したGA645シリーズ。
SUPER-EBC FUJINON 55mm〜90mm F4.5〜6.9を搭載しています。

ただでさえ使いやすいGA645シリーズが、ズームによりさらに使いやすくなりました。
発売は1998年。
ズームを標準搭載した中判カメラは、このカメラをおいてほかにありません。

中古価格はそこまで変わりませんが、ズーム付きということで中古カメラファンには見過ごされがち。
一味変わっているうえ、さまざまな焦点距離が使える利便性から、実は隠れた名機だといえるのではないでしょうか。

中古富士フィルムカメラ・レンズならサンライズカメラ
中古富士フィルムカメラ・レンズならサンライズカメラ

GA645のご先祖様・GS645

さて、富士フイルムはGA645シリーズ以前にも645判の中判カメラを作っていました。
それがGS645
こちらはマニュアルの蛇腹カメラで、自動化よりも撮影者の意図を重視した設計です。

詳しくはこちらをご覧ください。

フジカGS645 クラシカルな蛇腹カメラを復活させたモダンな中判カメラ

中判カメラには他にも名機がいっぱい!
もしどの中判カメラを買うかお悩みの際は、こちらの記事もご覧ください。

中判カメラ入門 初めての中判におすすめの中古フィルムカメラ10選

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

GA645シリーズは初めての中判に最適

このように、GA645シリーズは完全自動化を成し遂げるという、ほかにない特徴を備えた中判カメラ。

マニュアル露出やマニュアルフォーカスの煩わしさから開放されるので、初めての方にも、迅速な撮影がしたい方にも、万人におすすめできる機種だといえるでしょう。

標準、広角、ズームと、用途によって使い分けることができるので、ぜひあなたにぴったりの中古に出会ってみてくださいね。

更新履歴

2021年4月12日

参考文献をもとにスペック表を修正
・パッシブ式オートフォーカス→アクティブ・パッシブハイブリッド式
・ファインダー:逆ガリレオ式と記載していましたが、Ziのみ実像式のため追記
参考文献:『玄光社MOOK 最新中判カメラマニュアル』p.96-98 2001年、玄光社

2020年7月22日

GA645W・GA645Wiのレンズ開放値をF5.6と記載していましたが、F4の誤りでした。おわびのうえ訂正します。

著者紹介:サンライズカメラ

著者紹介:サンライズカメラ

サンライズカメラは、いまでは数少なくなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:048-812-5011
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝(新型コロナの影響により土曜日もお休みいたします)

ページトップへ戻る