BLOG

2018.05.28

おすすめの標準オールドレンズ8選Part2 高級レンズ篇

Nikkor-S Auto 55mm F1.2

オールドレンズの中でも、おすすめの標準レンズを紹介する記事のPart2。
今回は、開放値が明るかったり、ライカやツァイスが製造したりといった、高級・銘レンズを紹介します。

その前に前回(part 1)の記事はこちら。

おすすめの標準オールドレンズ8選Part1 リーズナブルな明るいレンズ篇


リーズナブルな値段で購入できる、オールドレンズ入門にもおすすめの標準レンズを紹介しました。

焦点距離が50mm前後のレンズのことを、標準レンズといいます。
標準レンズはフィルムカメラの時代、本体とセットで販売されることが多かったレンズ。
いまでいう、デジタルカメラの「キットレンズ」のような存在でした。

そのため、購入者の予算に合わせて、開放値の明るさの違いで、2〜3種類程度のモデルが同時に販売されることが多かったのです。

今回紹介するオールドレンズは、開放値が明るい高級品が中心。
また、カール・ツァイスのプラナーや、ライカのエルマーといった海外ブランドのおすすめ標準レンズについても解説します。

どれもオールドレンズの真髄を味わえる銘レンズ。
ぜひオールドレンズを探す参考にしてくださいね。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

おすすめの標準オールドレンズ 高級レンズ篇

それではさっそく、おすすめのレンズを見ていきましょう。

1.Nikkor-S Auto 55mm F1.2

Nikkor-S Auto 55mm F1.2

まず最初におすすめするのが、ニコン(日本光学)のNikkor-S Auto 55mm F1.2
ニコンの一眼レフカメラ用レンズで、はじめて開放値F1.2を実現した、極めて明るいハイスピードレンズです。

このレンズが登場したのは1965年。
まだまだ一眼レフ用のレンズが発展途上にあった時代、55mmという焦点距離で、ここまで明るいレンズをまとめ上げたのは、とても先進的なことでした。
レンズの後ろにミラーボックスがある一眼レフでは、レンズを明るくすることは難しかったのです。
例えば同時代の廉価版レンズ、ペンタックスのスーパータクマーなども、焦点距離を55mmと、標準レンズとして一般的な50mmよりも長くしています。

このレンズをおすすめする理由は、描写の個性がとても強いことです。
描写は開放ではとても柔らかで味わい深いもの。
絞り込むと描写力はどんどん向上していきますが、全体的な線のやわらかさは保たれたままです。

開放値の明るいオールドレンズに共通する、柔らかめの描写。
現代レンズでは味わえない、空気感あふれる画像は、世界をいっそう美しく見せてくれることでしょう。

Nikkor-S Auto 55mm F1.2

もちろん、1960年代のニッコールに共通することですが外装の仕上げも最良
精密な金属の仕上げに、職人技が感じられますよ。

Nikkor 55mm F1.2 作例

(作例はマイナーチェンジ版のNew Nikkorです)

Nikkor 55mm F1.2 作例

Nikkor 55mm F1.2 作例

カメラボディ:SONY α7

関連記事

オールドレンズ撮り比べ⑨Nikon New NIKKOR 55mm F1.2(作例あり)

ニッコールのオールドレンズについては以下の記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。

ニコン 生産停止中古レンズ 銘玉15選 2本目を買う前に!

オールドレンズならサンライズカメラ
オールドレンズならサンライズカメラ

2.MC Rokkor-PG 58mm F1.2

MC Rokkor-PG 58mm F1.2

上で紹介したニッコールの55mm F1.2もそうですが、開放値が明るいレンズの大きい前玉からは、覗き込むとまるで吸い込まれそうな印象を受けるもの。

同様の一眼レフ用ハイスピードレンズとしてもうひとつおすすめするMC Rokkor-PG 58mm F1.2も、そんな魅力を感じることができるレンズです。

ミノルタ(MINOLTA)のロッコールレンズは、緑色のコーティングでも知られるヨーロピアンテイストあふれるオールドレンズ。
このMC Rokkorは、ミノルタの一眼レフ用レンズとしては2代目にあたり、露出計の開放測光に対応したモデルとなります。

こちらは焦点距離が58mmと、ニッコールのF1.2よりもさらに長め。
そのことが逆にクラシカルな魅力になってくるのだから、面白いものです。

描写については、とろけるようなボケ味が魅力。
ミノルタならではの柔らかい味の中に、たしかに芯を見出すことができる。
オールドレンズの個性は明るいレンズほど強くなるかと思いますが、単に「収差」の一言では語りきれない、確かな味が楽しめます。

MC Rokkor-PG 58mm F1.2

外装については前期型と後期型があり、前期型はピントリングが金属削りだし。
後期型はモダンなゴムローレットとなります。
よりオールドレンズならではの質感が楽しめるという点では、コストがふんだんにかけられた全金属製の前期型がおすすめできるかもしれません。

中古での値段が比較的リーズナブルな点でもおすすめできる銘玉です。

ミノルタのロッコールレンズについては、以下の記事で解説しています。

ミノルタおすすめ中古レンズ13選!緑のロッコールレンズを使ってみませんか?

オールドレンズならサンライズカメラ
オールドレンズならサンライズカメラ

3.CONTAX Planar T* 50mm F1.4

CONTAX Planar T* 50mm F1.4

ヤシカ・コンタックスマウントのPlanar(プラナー)T* 50mm F1.4
カール・ツァイスの血筋の直系として、非常に中古で人気の高いレンズです。

1975年に始まる新生コンタックスのレンズは、どれも高性能で非常に評価が高いもの。
カール・ツァイスならではの、鮮やかに世界を描き出す描写が楽しめます。

50mm F1.4というスペックはもはや当たり前になった時代のレンズですが、性能、描写の味ともに、Planar T* 50mm F1.4は頭ひとつ抜けています。
当然のように他の国産レンズとは明らかに異なる次元の写真を生み出してくれるのです。

オールドレンズには収差を含め、クラシックさを楽しむという要素も多分にありますが、CONTAX用のPlanar T* 50mm F1.4は、マニュアルフォーカスということを除けば、現代のデジタル用レンズとも互角に戦えるであろう銘玉であることは間違いないでしょう。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4

背景のボケを生かしてポートレートを撮るのにも最良のレンズ。
絞り込んで撮影しても、実際の景色以上に印象的に風景を切り取ってくれますよ。

Planar T* 50mm F1.4はコシナからも出ていますが、中古価格の面ではヤシカ・コンタックス用のほうが安いのもおすすめするポイントです。
最高のレンズを味わうなら、ぜひカール・ツァイスを使ってみましょう。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4作例

CONTAX Planar T* 50mm F1.4作例

CONTAX Planar T* 50mm F1.4作例

関連記事

名機 or Sony α7?オールドレンズ撮り比べ ① CONTAX Planar * 50mm F1.4 MMJ+Aria(作例あり)

CONTAXのオールドレンズについては、以下の記事もおすすめです。

手軽におしゃれにツァイスを!CONTAX 徹底解説&おすすめ中古レンズ 7選

オールドレンズならサンライズカメラ
オールドレンズならサンライズカメラ

4.Elmar 5cm F3.5

エルマー

最後におすすめするライカ(Leica)のElmar(エルマー) 5cm F3.5は、すべての標準レンズの元祖となった歴史的銘玉。
そもそも、35mmフィルムカメラの標準レンズが50mmとなったのは、バルナックライカが登場したときに、50mmを装着していたからなのです。

開放値F3.5というと、現代の眼から見れば非常に地味なスペックに見えますが、ライカのエルマーはそのようなカタログスペックを超越しています。
Elmar 5cm F3.5は戦前1920年代から戦後1950年代まで製造されますが、戦前の個体で撮影しても、現代レンズとみまごうほどの解像感と、すぐれた量感を味わうことができるのは驚くべきことです。

カメラが超高級品だった時代のレンズだけあり、外装の仕上げなどは宝飾品さながらのもの。
一度購入したら、オーバーホールしながら一生使い続けたくなることうけあいです。

Elmar 5cm F3.5

小さな宝石、ライカレンズをぜひ使ってみませんか?

Elmar 5cm F3.5作例

エルマー作例

エルマー50/3.5作例

カメラボディ:SONY α7

関連記事

オールドレンズ撮り比べ ⑤ Leica Elmar 5cm F3.5(作例あり)

Elmar 5cm F3.5については以下の記事もおすすめです。

エルマー5cm F3.5・F2.8「元祖」ライカレンズを中古で味わう!

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

標準レンズの銘玉で撮影してみませんか?

リーズナブルなものから高級レンズまで。
幅広いオールドレンズが楽しめる標準レンズ。

当時の高級レンズでもいまでは廉価に手に入るものもあるので、もし迷ったら、少し奮発してみるのもおすすめです。

オールドレンズに入門するなら、選択肢が多い標準レンズからはじめるのがおすすめ。
それぞれ似たところのない味のある描写を、ぜひ味わってみませんか?

Part1ではリーズナブルな標準レンズについて解説しているので、ぜひ併せてご覧ください。

おすすめの標準オールドレンズ8選Part1 リーズナブルな明るいレンズ篇

著者紹介:サンライズカメラ

著者紹介:サンライズカメラ

サンライズカメラは、いまでは数少なくなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:0744-46-9124
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝)

ページトップへ戻る