BLOG

2018.07.13

オールドレンズ撮り比べ ② CONTAX Distagon T* 25mm F2.8 & Planar T* 85mm F1.4(作例あり)


こんにちは、雨樹一期です。連載第二回のフィルムとミラーレスの撮り比べは、引き続きCONTAX Carl Zeissのレンズ、「Distagon T* 25mm F2.8」「Planar T* 85mm F1.4」です。

25mmと85mm、広角と中望遠の撮り比べでもあります。一般的には、風景は25mm、ポートレートは85mmとの相性がいいですね。

前回に引き続き、フィルムカメラは「CONTAX Aria」・ミラーレスは「Sony α7」を使用しました。

名機 or Sony α7?オールドレンズ撮り比べ ① CONTAX Planar * 50mm F1.4 MMJ+Aria(作例あり)

使ってみてまず思ったのは、『25mmはAriaが、85mmはSony α7との組み合わせがいいなー』でした。
もちろん、使うフィルムやカメラの設定・場所や天候・被写体など、いろんな条件によって変わるのですが、撮りながらその相性を探っていくのは楽しいですね。

ということで、まずは「Distagon T* 25mm F2.8」から。
価格や性能や年代など、予備知識もあまりないままに使っているので、本当に率直の感想になります。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

 

Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2.8

CONTAX Ariaで撮影


絞り優先/感度:ISO400/F5.6

なんでもないただの歩道橋がドラマチックに。これこそフィルムカメラ+オールドレンズの魅力ではないでしょうか?

フィルムは『HILLVALE(ヒルヴェール)SUNNY16 400』を使用しました。
白がキレイに出るフィルムで、黄色の色カブリも少ないので空もクリアーになりました。

 


絞り優先/感度:ISO400/F2.8

机の上の料理などにも適した焦点距離ですね。オシャレなカフェでなくミスドでの撮影ですが、雰囲気ありますね。
ハニーディップがいつもより美味しそうです。

これこそフィルムカメラ+オールドレンズの魅力ではないでしょうか(笑)。

 


絞り優先/感度:ISO400/F2.8

もちろん花の撮影にも使えます。
広角レンズなので開放で撮っても50mmほどはボケませんが、慣れると使いやすい焦点距離でもありますね。

 


絞り優先/感度:ISO400/F2.8

やっぱり、逆光での撮影がいいですね。
日常がドラマチックに撮れるレンズです。

 

Sony α7で撮影


絞り優先/感度:ISO600/F2.8/露出補正+1

前回の50mmと違って、開放で撮影しても玉ボケは小さくなります。広角レンズの特徴ですね。
だけど、広がりのある風景を撮ることが出来るし、狭い場所でも撮影が出来ます。

ピントはクッキリ。素晴らしい解像度です。

「Distagon T* 25mm F2.8」はフィルムとミラーレス、それぞれの特徴を底上げしてくれるようなレンズです。

 


絞り優先/感度:ISO600/F2.8/露出補正+1

被写体に寄るほど迫力を出すことが出来ますが、広角レンズ特有の四隅の歪みや周辺光量落ちがほとんどないのが凄いです。

 


絞り優先/感度:ISO200/F2.8/露出補正+1

ピントは中心部に持ってくるほど、クッキリという感じですね。
50mmほどではないですが、相変わらずいいボケ味をしてくれます。

 


絞り優先/感度:ISO800/F2.8/露出補正+2

室内での撮影もいいですね。ピントを合わせた部分はハイライトも飛び過ぎず、ボケ部分の猫の輪郭もしっかりと残りました。

逆光で撮影してもゴーストが出ない。優秀なレンズです。

 


Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4

CONTAX Ariaで撮影


絞り優先/F1.4

「Distagon T* 25mm F2.8」と同じく、『HILLVALE(ヒルヴェール)SUNNY16 400』を使用しました。

これまたどうしても開放を使いたくなるレンズなのですが、50mmよりもさらに被写界深度が浅くなります(ピントの合う幅が狭い)。

だけどこの雰囲気が好きなもんだから、自分が失敗したピントの甘さもつい許してしまいがちになりますね。

「だって中望遠のF1.4の開放やもん。子供は動くもん。フィルムやもん」って。

 


絞り優先/F1.4

F1.4の魅力は、ボケだけでなく暗い場所でも撮れること。感度400のフィルムでも室内で手ぶれなく撮影も出来ます。

室内での撮影はフィルムらしさも強調されますね。

 


絞り優先/F1.4

我が家に巣作りをしたツバメの子。被写体が浮かび上がるようです。

 

CONTAX Aria デザインと感触を楽しめる美人なカメラ

 

Sony α7で撮影


絞り優先/感度:ISO100/F1.4/露出補正+2

続きましてミラーレスです。85mmの焦点距離は最もポートレートに適していると言われます。
その理由は『歪みがない』からです。
24mm以下の広角レンズを使い、さらに近寄って撮影すると歪みが強調されてしまいます。

前回の「Planar T* 50mm F1.4」も実際は少し歪んでいるのですが、正直なところ気にしなければ全く分かりませんよね。
特に第三者からすれば気付かない程度の歪みなので、撮影者とモデルさんがどこまで気にするかですね。

その他の理由としては、望遠になるほど背景がボケることですね。
また、被写体との距離感も適度ということもあって、ポートレートにちょうどいいレンズになりますね。

その中でもこの「Planar T* 85mm F1.4」は、まさに打って付けです。

 


絞り優先/感度:ISO100/F1.4/露出補正+1.5

ふんわり感を活かすために、+の露出補正で明るく撮影しています。
またまた、玉ボケ狙い。

とにかく、ポートレートを撮るなら持っておくべきレンズです。F1.4のボケは最強です。

たまらないです。

 


絞り優先/感度:ISO400/F5.6

少し絞って、F5.6で撮影しました。ピントもクリアーになりますね。描写力が高いのも分かります。
だけど優しくて柔らかい。

前回からまだレンズ3本しか使っていないのですが、正直全部欲しいです。

まず購入するなら50mmかなと思っていたんですけどね。
「Planar T* 85mm F1.4」、あなたのとろみのあるボケの魅力に、僕はとろとろです。

 

手軽におしゃれにツァイスを!CONTAX 徹底解説&おすすめ中古レンズ 7選

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

次の記事はこちら

オールドレンズ撮り比べ ③ CONTAX Sonnar T* 135mm F2.8 (作例あり)

著者紹介:雨樹 一期(Ichigo Amaki)

著者紹介:雨樹 一期(Ichigo Amaki)

フィルムカメラ・トイカメラの多重露光などで作品撮りの傍ら、大阪・東京を中心に全国でフィルムカメラワークショップを開催。 その他、カメラの個人レッスン、ペット・家族の撮影をしています。 基本、娘と猫と珈琲とカレーに生かされてます。

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:0744-46-9124
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝)

ページトップへ戻る