2020.07.26

【フィルムカメラ遊泳記 3話】  1台目の選び方ポイント!「NikonFM2」が初心者におすすめな理由

こんにちは!
フィルムカメラ初心者の私かどのがお送りする、
「フィルムカメラはとっつきにくい」と感じている人でも気軽に楽しめる連載。

今回は第三話、
初心者1台目としてなぜ「NikonFM2」を選んだのか?

初めての人でも迷わず機材を選ぶことができるポイント等についてのお話です。

 

早速ネタバレですが・・・私の最初の1台目はサンライズカメラ店長さんに選んでもらい決定しました!

デジタルカメラもそうですが、やはり1台買うにもかなりの覚悟が必要ですよね。
ボディだけでなく、レンズもこんなするの!と驚くこともしばしば。

一部はかの沼にはまり、あれよあれよと高額商品をコレクトしていく層もいらっしゃいますが、
我々素人はそりゃもう恐る恐る手を震わせながら検討していく訳でございます。

 

自信がないとき、困ったときは、詳しい人に聞くのが一番の近道です。

 

そこで今回は、
サンライズカメラ店長さんを私の大先生としてお呼びし、色々と質問を投げまくっていこうと思います!

・これから購入を考えている人
・たくさん種類がある中からどれを選べばいいのか悩んでいる人

そんなみなさん、ぜひフィルムカメラを選ぶときの参考にしてくださいね^^

 

解説!最適な1台を選ぶ方法

初心者の私に渡された機種はこちら。

「NikonFM2」というNikonのフィルム一眼レフカメラの中では超有名なメジャーな名機とのこと。

しかし、そもそも何がメジャーで何がレアなのか判断がつかない私。
早速サンライズカメラ店長の新名さんに質問していきたいと思います。

  

新名さん、今日は宜しくお願いします!
早速ですが・・・なぜ1台目にNikonFM2を選んだのですか

 

おう!こちらこそどうぞ宜しくね。

一言で伝えるのはなかなか難しいけど、デジタルカメラを撮り慣れているかどのさんには、まずはフィルムカメラならではの違い、面白さをより体感してもらいやすい機種、という狙いでこのFM2を選んだかな。

フィルムカメラと一口に言ってもその歴史は長いからね。
1891年だったかな、フィルムを装填するカメラ「キネトスコープ」が発明されてから、Nikonフィルムカメラの最後のフラグシップであるF6が発売されたのが2004年なので、100年以上。

当然、その特徴や操作方法は多種多様。できることもカメラによって大きく違う。

製造メーカーも、国内から、ヨーロッパはもちろん、アメリカから中国から、ロシアまで。

 

なるほど、色んな種類があるんですね。その観点からすると、NikonFM2はどんな機種なんですか?

 

まずは簡単にフィルムカメラの種類について説明するね。

僕が星の数ほどあるフィルムカメラをどう理解していこうかと悩み、自分なりに理解したのは、どうやらフィルムカメラには3つの切り口があるということなんだ。

それが、

・フィルムの種類(サイズ)
・ファインダーの種類
・撮影モード(露出)
 

ほぼ全てのフィルムカメラはこの3つの切り口の組み合わせで成り立っているんだ。
順に説明していくね。

 

フィルムの大きさは3種類

まずはフィルムの種類。
たぶんかどのさんはこのフィルムしか見たことないと思うんだけど、どうかな?
これが「35mmフィルム」
という一番多く使われているフィルムの種類

はい!これなら見たことありますが他にも種類があるんですか?

実はフィルムにはいくつか種類がある。

こんなの(ブローニー(中判)フィルム)とか、

こんなの。(大判フィルム

ではなにが違うか、
答えはとても単純で、フィルムの大きさが違う

それがなんなのか?

フィルムが大きいと、プリントするときに大きくする比率が下がり、当然画質が良くなる。

だったら大きいフィルムのほうがいいじゃん!となるんだけど一方こんなデメリットもある。

フィルム代が高い。且つ今の時代、売っているところが少ない
現像代も高い
・ このフィルムを使えるカメラは基本重たい

画質に関しては35mmが劣っているということはもちろんなく、
フィルムが大きくなると、より良くなっていく
と捉えてほしい。

だから、慣れてきたら中判、大判フィルムの世界もぜひ体験してほしいけど、
まずはお手軽で、使い勝手のよい35mmフィルムが使えるカメラを提案しようということ。

結論:まず最初は35mmフィルムのカメラにしよう!

 

ファインダーの種類は4種類

次にファインダーの種類。

ファインダーは知ってるよね。
フィルムカメラについては、その進化と共に、大きく分けて4つのファインダーがあるんだよ。

- ファインダー4種類 -

1.ビューファインダー

2.二眼レフ

3.レンジファインダー

4.一眼レフ

個々に説明していくと、とてもじゃないけど結論までたどり着けそうにないので、
興味がある人はこちらの記事を参照してほしい。

おすすめ中古レンジファインダーカメラ12選 特徴・メリット徹底解説

二眼レフカメラ入門 おすすめの中古二眼レフ 名機7選!

 

かどのさんにオススメしたいのが、ファインダーとしては最終進化形である、一眼レフ。

ファインダーを除いた時に見たままで撮影ができて、初心者の人でも感覚をすぐに掴みやすい。

初心者向けとしては、
①のビューファインダーを採用しているコンパクトフィルムカメラ
という機種があるんだけど、
ファインダーの見やすさや、レンズ交換ができないことなどから、
フォトグラファーとして活動しているかどのさんにとっては、
作風の広がりを持たせるにはちょっと物足りないかなと感じたんだ。

なるほど~!
私はフィルムカメラといえば目が2つがついているやつをイメージしてたんですが、あれは二眼レフというジャンルになるんですね!
一眼レフなら今使ってるデジタル一眼レフカメラとある程度通ずる部分があるし、
操作を覚えてしまえば案外気軽に撮れそう!

結論:ファインダーは一眼レフがオススメ!

 

撮影モード(露出)

そして3つめ。撮影モード(露出)。

これはざっくり言ってしまえば
どこまでをカメラに任せて、どこまでを自分で決めるかということ。

この機能はもちろん最新のデジタルカメラにもあるよね。
PとかAとかMとか選ぶやつね。

ご存知の通り、絞りとシャッタースピードの組み合わせで、適正な露出が決まるんだけど、
最終段階のプログラムAEにたどり着くまで、各社しのぎを削って、開発競争を繰り広げたみたい。
その進化のプロセスがこちらの5つ。

- 5つの露出モード -

①絞り、シャッタースピード共、自分で決める(マニュアル[露出計なし]

②絞り、シャッタースピード共、自分で決める(マニュアル[露出計あり]

③絞りは自分で決めて、シャッターはお任せ(シャッター優先AE

④シャッターは自分で決めて、絞りはお任せ(絞り優先AE)

⑤絞りもシャッターもお任せ(プログラムAE

 

そしてFM2は②、絞りとシャッタースピードを自分で決める。
だけど露出計を内臓しているので、適切な組み合わせを選ぶとOKを出してくれる機種なんだ。

自分で考えて、後で答え合わせができるという感じかな。

楽に撮影を楽しむなら、当然⑤なんだけど、必ずしも正解が=表現したいものとは限らず、そもそも正解って何?という世界でもあるから、フィルムカメラの世界でプログラムモードで撮影する人は以外と少ないかもね。

かどのさんは「表現力を高めたい」と聞いていて、でも全くの答えなしなのも困っちゃうかな?ということで、②を選んでみたんだよ。

結論:撮影モードはその人次第。表現を磨くにはマニュアルモードがオススメ!

 

最後はフィーリング

なるほど。FM2はその3つの切り口の組み合わせなんですね。
だいぶわかってきました!

でもニイナさん、
その3つの切り口に合致するカメラって他にもたくさんあるんじゃないんですか?

35mmフィルムで、一眼レフで、マニュアルモード(露出計あり)のカメラ。

 

そ、それはそうなんだよね。。。鋭いね^^;

で、ここからは好みの問題になると思っている。
どのブランドが好きか、とか、見た目のかっこよさとか、持ち運びのしやすさとか。

FM2で言うと、やはりNikonはカメラメーカーの王道で、
一眼レフカメラとしても軽量コンパクトで、旅好きなかどのさんのお供にもちょうどよい。

そしてこのカメラは、
写真学校の最初の教材カメラとして使用されること多かったというのも選んだ理由に入るかな。

お〜!つまり理屈とフィーリングの組み合わせということなのかな。
まず機能的な特徴で自分の目的にあったものを絞り込み、あとはフィーリングで選ぶ。

フィルムカメラに関しては、やっぱりフィーリングも大切にしたいですよね。
ちなみに私はキャノン派ですが、フィルムカメラ時代だと
やっぱりNikonの方が王道なんですね。

 

実は最初にフィルム一眼レフカメラを開発したのがNikon(当時は日本光学という会社名)だったんだ。

レンジファインダーのような一般の人にとって扱いづらいカメラしかなかった時代にとって、
Nikonの作った一眼レフカメラはカメラ業界に大きな旋風を巻き起こしたんだ。

もちろんCanonも追ってフィルム一眼レフカメラを出しているけど、この時代、Nikonの市場が圧倒的だったんだ。

第二次世界大戦ののち経営難になったとき多くの光学会社がつぶれていく中、
Nikonも9割をリストラをせざるを得ず、その時リストラされた研究者の多くがCanonへ就職したという話も。そこからの見事な復活劇。

カメラの歴史は、戦後の日本製品躍進の歴史ともリンクしていて、
そういう観点から、
カメラの歴史をたどっていくのもとても面白いよ。

へぇ~!確かにカメラの生い立ちに想いを馳せると、よりカメラに愛着が湧いてきますね^^

 

交換レンズのこと

あっ!カメラの歴史といえば、1つ大事なことを忘れていた。

カメラにはレンズが当然必要なんだけど、大きく分けて、
自分でピントを合わせるマニュアルフォーカスレンズオートフォーカスレンズの2種類あるのはご存知だよね。

カメラによって、AFレンズが使える機種には制限があるので、
もしAFレンズを使いたいのであれば、ここはチェックポイントだね。

AFかー。あると便利ですよね!ちなみにFM2はどうなんですか?

 

FM2はマニュアルフォーカスのみ対応だね。

AFは確かにとても便利な機能なんだけど、自分でリング回して、ファインダーのピントを合わせるのもまた違った世界を感じられると思うので、今回は独断と偏見でAF禁止にしました^^

それからレンズといえばもう一つ。
レンズ交換ができるカメラか、できないカメラか。

ここも大きなポイントかもね。
レンズ交換ができるということは、1台のカメラで様々な表現を楽しめる
ということだね。

ちなみに、初心者の方はみんなNikonFM2を使う人が結構多いんですか?

そうだね。
中古市場でもそんなに珍しい機種ではないから、入手しやすく、
費用面でもそこまで高価ではないから、最初の1台に選ばれることは多いかもね。

ただ、もっと手軽に始めてみたい、画質に最初からこだわりたいなど、人によってもニーズが異なるから、一概には言えないよね。

目的・用途別におすすめできる機種がある

今回は私のような、

・デジカメ経験からマニュアル露出は理解できる
・フィルムカメラで表現の幅を楽しみたい
・カメラの基本から学びたい

という人にはNikonFM2がおすすめということでしたが、他の用途を持つ人にとってはそれぞれおすすめが変わってくるということですね。

 

そのとおり!

一概にどのカメラがおすすめというよりも、目的、用途に応じて選ぶといいよ。

例としては、ちょっと荒っぽいこんな感じ・・・

- 目的・用途別おすすめ機種の例 -

▼表現の幅を広げたい、失敗を恐れず、がっつり撮る基本から学び直したい

35mm +一眼レフ+マニュアル[露出計なし] & MFレンズ(レンズ交換可)

Canon F-1 アイレベル

Canon 旧F-1 公約通り10年戦い抜いた機械式フィルム一眼レフカメラ


▼とにかくお手軽にフィルムカメラを始めたい

35mm+ビューファインダー(コンパクトカメラ)+プログラム & AFレンズ(レンズ交換不可)

OLYMPUS mju


▼アナログには憧れるけど子供も撮りたいなー
35mm+一眼+プログラム&AFレンズ(レンズ交換可)

Nikon F100

ニコンF100 コンパクトなボディに高性能を詰め込んだF5の弟分


▼できるだけ失敗は少なく。マニュアルの良さと機械の優秀さのいいとこ取り
35mm+一眼+絞り優先&MFレンズ(
レンズ交換可)

Pentax LX

PENTAX LX 旭光学のすべてが結集したプロ用一眼レフ


▼やっぱビジュアルも大事でしょ。
どこにでも連れて行ける長く愛着もてる相棒を
35mm+高級コンパクト+絞り優先&AFレンズ

MINOLTA TC-1

最小・至高の高級コンパクト MINOLTA TC-1


採算度外視!? 一生モノ且つ唯一無二の表現を求めてます!
ブローニー(中判フィルム+一眼レフ+マニュアル(露出計なし)&MFレンズ(レンズ交換可) 

Hasselblad 500C/M  

Hasselblad 500C/MとPlanar 80mmは黄金の組み合わせ

  

本当にすごい種類が沢山あるんですね。

ある意味、どんな趣向を持った人にもベストな1台がきっとあるはずということですね!

私も上達していったら色々な機種にチャレンジしてみたいな~

そうだね。興味をもってくれた人たちがそれぞれの趣向でベストな1台を選んでもらえたら嬉しいね。

便利さ、お手軽さでは全くもってiphoneにはかなわないけど、
愛着という意味では、フィルムカメラはまたとない一生ものの相棒となってくれる可能性があると思っている。

手のかかる子をほど可愛いではないけど、1枚の写真を撮るまでの手間ひまや不便さ、失敗すらも楽しんでもらい、
フィルムカメラを通じて、あなただけの表現をつくってもらえると嬉しいです。

サンライズカメラでは相談も受け付けています!

サンライズカメラでは、
フィルムカメラや中古レンズの販売・買取サービスも行なっています!

8年間で約17,000台以上ものフィルムカメラ、オールドレンズを販売していく中、
あらゆる人のニーズにお応えをしてきました。

「送料無料・返品無料・動作保証」など、
初めて購入をする方にとっては嬉しいサービスも充実しているので、ぜひ気軽にご相談くださいね^^

参考までに、おすすめ機種を紹介している下記記事もぜひ見てみてください。

あなたにとっての最高の一台が見つかることを祈ってます^^

↓初心者向けの選び方を、より細かく解説した記事がこちら。

プロ厳選!初心者へのおすすめフィルムカメラランキング10選

↓持ってるだけでアガる!!カメラ女子はぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

カメラ女子にぴったりのフィルムカメラ おすすめ機種12選

 

著者紹介:かどの りか

著者紹介:かどの りか

家族写真をメインに活動するフォトグラファー。
デジタルカメラしか使ったことはなく、自己表現の幅を広げるべくフィルムカメラの世界に足を踏み入れました。
比較的若い世代にも、クールで味わい深いフィルムカメラの良さを気軽に楽しんでもらえるよう、同じ目線で綴っていきます。

▼さくらふ写真HP
https://www.rikadono.com/rikadono/

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:0744-46-9124
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝(新型コロナの影響により土曜日もお休みいたします)

ページトップへ戻る