2020.09.04

【フィルムカメラ遊泳記 7話】  フィルムの巻き戻し・現像・プリントにチャレンジ

こんにちは!
フィルムカメラ初心者の私かどのがお送りする、「フィルムカメラはとっつきにくい」と感じている人でも気軽に楽しめる連載。

前回の第6話では、カメラをセッティングしてシャッターを押すところまでの解説でした。

今回の第7話では、撮ったあとのカメラ・写真をどうすればいいか?
フィルムの巻き戻し・写真の現像方法などについて解説していきます^^

ご存知の通り、フィルムカメラでは撮った写真をすぐに見ることはできません。
まずはフィルムを「現像」に出し、現像したフィルムを元に「プリント」もしくは「データ化」をして、始めて写真を目にすることができます。
このちょっとした一手間もフィルムカメラの楽しみの一つと言えますので、ぜひマスターしていってください!

フィルムの巻き戻し

まずは写真を撮り終わったあとの操作方法について説明していきます。

シャッターを押すたびに巻き上げていたフィルムを、今後は元のフィルムケースの中へ巻き戻す作業となります。

1.カメラ下部のボタンを押して、巻き戻しロックを解除する

2.レバーを持ち上げ、矢印に沿ってぐるぐる回していきます。
どこかで巻く感覚が軽くなったら、巻き戻し完了。

3.フィルム室の蓋を開け、フィルムを取り出します。

以上。装填の時より簡単ですね!

フィルムの保管方法について

注意すべきことは、すぐに現像に出せない場合のフィルムの保管方法です。

フィルムは、外からの光や熱に大変弱く、直射日光や湿気の多すぎる場所はNG

理由は、フィルムの特徴にあります。

フィルムには、光に反応する化学物質がゼラチンによって固められていて、高温多湿の場所に置くと、そのゼラチンがやわらかくなると同時に化学物質の変質が起こりやすくなり、感度の低下や、感光、色転びの変化などが起こってしまいます。

更には乳剤が蒸発してカメラのファインダーを曇らせたり、機械の故障につながることもあるとのこと。

特に夏場などは保管方法に迷うかもしれませんが、熱や強い光があたらず、かつ湿気のない冷暗所での保存を心がけ、フィルムへの悪影響を最小限に抑えましょう。

 冷蔵庫の中に入れると良いという話をたまに聞きますが、高温を避ける意味では効果的でありますが、冷蔵庫の中も意外と湿度が高く、できれば乾燥剤を入れた袋ごと冷蔵庫に入れた方が安心です。
また、結露による水滴が入り込む恐れもあるため十分に注意が必要です。

もちろん一番は、フィルムは生ものと言うほどなので、撮ったらすぐに現像に出してあげることが望ましいですね。

現像はどこでできるの?

「現像」と「プリント」の違い

まず始めに、初心者が戸惑いやすい「現像」と「プリント」の違いについて。

「現像って紙にカラー印刷することじゃないの?」と思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は違います。

「現像」とは、使用したフィルムを薬剤に浸し、像を浮かび上がらせ定着する作業のことを指します。「現像」することで、真っ黒だったフィルムに白黒の像が浮かび上がり、どんな写真だったかなんとなく見えるようになります。

そして、この現像したフィルムを元に、紙に印刷する作業「プリント」と呼びます。

つまり撮り終わった写真は、写真屋さんや現像の専門店で、主に現像とプリントの二つの作業をお願いすることになります。

フィルムの現像方法

出来上がったフィルムの現像方法は主に3つ。

1.店頭注文

2.ネット注文(郵送)

3.自分で現像

「自分で現像」することについては、現像液など必要な道具を揃えれば出来るのですが、私たち素人にはちょっと難易度が高すぎるので、今回は店頭注文とネット注文について、それぞれ特徴をあげていきます。

1.店頭注文

お店に直接足を運び、フィルムを預けます。
その際に印刷イメージの希望があれば伝えて、同時プリントやデータ化が必要かどうかなどを選択します。
注文して、出来上がり次第、お店に受け取りにいくという流れです。

メリットとデメリットはおおよそこんな感じ。

<メリット>
仕上がりスピードが早い(早ければその日中に印刷してくれるところも)
・店員さんに直接プリントの希望を伝えることができる
・大手量販店など、意外と身近な写真屋さんでできる

<デメリット>
・ネット通販より比較的費用が高め
・家の近くに店がないと来店が面倒
・撮った写真を見たであろう店員と接する気まずさがある(気にしない人はいいと思います笑)

2.ネット注文

ネットで注文・支払いを済ませてから、フィルム本体を郵送で送ります。
作業が終わり次第、郵送で現像されたフィルムと、注文した場合にはプリント写真やデータを入れたCDが届きます。

メリットとデメリットはおおよそこんな感じ。

<メリット>
・店頭注文より比較的安価
・自分の好きなタイミングでどこからでも郵送できる
・近くにお店がなくても大丈夫

<デメリット>
郵送する手間がかかる
・受け取りまで少し時間がかかる

私が試した現像2店舗

とりあえず私は最初あまり考えずに、以下2店舗で試してみたので、その感想もちょこっと。

<なら写真くらぶさん>

最初の1本目は、サンライズカメラのご近所にある奈良の「なら写真くらぶ」さんにて注文しました。

楽天のネットショップでの注文でしたので、支払いは楽天サイト経由にて。
ネガ現像 +CDデータ書き込み、郵送費込みで1,000円ちょっと。思っていたより全然安かったです。

郵送は、ぷちぷちで保護したフィルムを小さめの封筒に入れて、クリックポストという日本郵便の郵送サービスを利用しました。

これすごく便利で私もよく使うのですが、クリックポストとは全国一律1通198で、運賃支払いはネット決済宛名ラベルを自宅で印刷して貼れば、直接ポスト投函できるという郵送方法です。

郵送物の大きさも、厚み3cmまでいけるので、ちょうどぷちぷちで包んだフィルムもぎりぎり入るのです!

マイページ上で宛先をアドレス帳登録もできるので、毎回同じお店で注文するなら宛名を書く手間も省けますね。

フィルムケースを含めると厚みをオーバーしてしまうため、ケース無しで梱包しました。破損が心配であれば別の郵送方法をお試しください。

郵送してから、現像物が届くにはやはりちょっと時間がかかり10日ほどで到着。
フィルムがお店に届いてから2~3日を目途にして郵送と書いてあったので、前後の発送ラグを含めれてばそれくらいになりそうですね。

ドキドキしながら待った甲斐あって、届いた時の喜びはそれはもう・・・。
この時はまだよくわからず同時プリントを注文し忘れてしまったので、ネガしか手に取っていないにも関わらず、スマホですぐに見れるようなデジタルの写真とは比べ物にならない温かみをはっきりと実感できました。

CDは注文していたので、データを早速PCへ転送。ここでようやく写真をみることが出来ました。
Googleフォトのアルバムを作成して、スマホからも見れるように。不便なところも便利なところも両方楽しめる今のフィルムカメラ世代、実に面白い。

<カメラのキタムラさん>

2本目は大手の店舗でやってみようと思い、「カメラのキタムラ」さんの店頭にて。
こちらでは、同時プリントも体験してみました。

注文したら、1時間半後には受け取り可能とのことで、その早さに驚き。
実際は、1時間後くらいに受け取りにいってしまったのですがもう出来ていて、さすがの迅速かつスムーズな対応でした。

同時プリントしてもらった写真もすぐに見て、まぁ失敗写真もかなり多くてちょっと凹んだのですが笑、やっぱり印刷した写真は良いですね。

現像おすすめ店舗

その他にも色々おすすめできるお店さんもありますので紹介させていただきます^^

トイラボ:ネットでダウンロード可能
ポパイカメラ:有名な老舗ショップ
超プリ:とにかく安い
フォトカノン:店舗は銀座にあり。非常に丁寧なヒアリングをしてくれる。
桜カメラ:楽天市場から注文できる・安い
Photolabo hibi:LINEでデータ受け取りOK
山本写真機店:青が綺麗
プリネットワン:安くてクオリティも高い

時代とともに現像屋さんが減ってきているものの、こだわりを持って素晴らしいサービスを提供されているお店さんもまだまだ多く、ぜひお気に入りのお店さんを見つけてみてください。

プリントについて

ほとんどの現像屋さんでは、「同時プリント」と言って、フィルムの現像と同じタイミングで、写真用紙へのプリントも注文できます

当たり前ですが現代の感覚でいるとつい不思議に思ってしまうこと、昔は写真を現像し、プリントをしなければ撮ったものは見れなかったのです
つまり印刷をするところまでが作品作りの一環というのは当たり前の認識でした。

スマホやデジタルカメラで撮った写真は、データ上での管理のみで、印刷をせずにデータもいつかどこかへ、、という人も多いかと思います。

でもよくよく考えてみると、例えば写真コンテストの時など、作品の評価基準を設ける際、、写真を電子機器を通してしか見なくなってしまえば、見る人によって見え方が変わってしまうし、基準が作りづらい。

手に取れる1つの「モノ」として残すことは、その写真に確固たる価値をつけることにもなるのでしょう。

フィルムカメラを愛用するプロカメラマンの方達の中には、プリント作業を自分で行う人も結構いるそうで、それくらいプリントというのはこだわるべき作業なんじゃないかとひしひしと感じています。

<応用編>作品にさらに磨きをあげていくには

焼き増しプリント

ここから少し応用編ですが、ますますフィルムの世界に踏み込んでいきましょう。

プリントをお店でお願いしたときや、自宅のプリンターで印刷したとき、「思ってた雰囲気と違う・・・」という経験はありませんか?

そんなときは、もう一度現像屋さんへ持っていき、希望の写真イメージを伝えて、焼き増しプリントを試してみましょう。

もちろん同時プリントのときにしっかり要望を伝えておくこともできますが、まずは同時プリントで印刷してもらったものを見てから、さらに好みの色味などの希望イメージを伝えて、こだわりの一枚に仕上げていく。

その過程を巷では、「プリントを追い込む」なんて表現をするみたいです。なんかカッコイイデスネ!

現像したあとのフィルムを保管しておけば、複数の店舗で印刷の違いを試すこともできます。

「プリンター」という職人

カメラのオートモードしかり、機械というのは良くも悪くも均一性があり、作り手の意図を汲むにはもちろん限度があります。

そこで活躍するのが、「プリンター」という職人さん達です。

みなさん、「プリンター」と聞けば、あの機械のプリンターをイメージする人が今はほとんどではないでしょうか。

プリンターとは文字通りプリントする人、つまり写真や映画のフィルム現像や、印画紙へ焼き付けをする職人さんのことを言います。

フィルムカメラに少しでも触れた方なら一度は聞いたことがあるであろう「暗室」で仕事をする人なので、「暗室マン」とも称されることもあるそうです。なんかカッコイイデスネ!

撮影しっぱなしではまだ形に残らない画像を、撮影者の意図をくみ取って色合いや陰影をコントロールするという、とても重要な役割を担ってくれています。

お店によって、そしてプリンターさんによって、印刷技術や表現の幅も広がってくるので、ぜひ自分のこだわりの一枚を一緒に作り上げてくれるパートナーを見つけてみてください。

そしてゆくゆくは暗室作業を経験してみるなど、自分自身で印刷をコントロールできるようになれば、もっとフィルムカメラの世界は広がるのではないでしょうか?

私もそのうちきっとチャレンジしてみます!!

データ化について

最後に写真のデータ化について。

プリントの大切さは十二分に理解できた、けどやっぱりデータにしてSNSにアップしたり、いつでも見れる状態にしたい。
印刷枚数が増えてくると保管場所にも困ってしまう。そんな方はぜひデータ化もしてしまいましょう。

多くの店舗では、同時プリントと同じように、現像と合わせてCDに書き込むサービスをしています。

最近では、PCが無かったり、CDを読み込むためのドライブがな無い人でもデータを受け取れるよう、「スマホ転送サービス」を提供しているお店もあります。

アナログ感満載のフィルムカメラと思いきや、フィルムをなんとか世に残していこうという人がまだまだいてくれているからこそ、現代の技術を生かして様々な便利なサービスも生まれています。
アナログとデジタル、それぞれのイイトコドリをできる現代に生まれた我々はとても幸運ですね
利用できるものはしっかり利用していきましょう!

感想

今回は、フィルムを巻き上げて現像・プリント・データ化までの流れについてのお話でした。

ここまでの作業でようやくフィルムカメラの一連の流れを体験できたんじゃないかな?と、一山超えた達成感を感じているかどのです。

そういえば、あるカメラ雑誌で、ある写真家の方のある言葉に強く惹かれたのです。

「プリントをするということは水を通すということ。作品に水を通すことは命を吹き込むことと同じ。」

地球には水があって命があり、水は命の象徴であり、つまり写真に水を通してはじめて作品として命あるものになる、というもの。

どんどんデータ化の波が押し寄せているものの、フィルムで撮って現像し印刷するという体験価値は、まだまだ健全、かつニーズも引き続きて求めれているのですね。

今まで全然プリントをしてこなかった自分は、なんだか恥ずかしいです。

写真に携わる人間である以上、印刷したものにもこだわっていきたいし、いつか暗室作業もしてみたいな~と、ますますフィルムの世界にはまっていきそうな予感です。

おっ、これでまた一つ目標もできました。

これは本当に最近感じていることなのですが、フィルムカメラと出会ってから、写真というものにより丁寧に向き合う心が育まれています。ありがたいことです。

さて、次回は実際に撮影した作例を紹介していきます!作例といっても7割型NG集となりそうですが笑、失敗も含めて体験したことをシェアさせていただこうと思います。

お楽しみに〜!

著者紹介:かどの りか

著者紹介:かどの りか

家族写真をメインに活動するフォトグラファー。
デジタルカメラしか使ったことはなく、自己表現の幅を広げるべくフィルムカメラの世界に足を踏み入れました。
比較的若い世代にも、クールで味わい深いフィルムカメラの良さを気軽に楽しんでもらえるよう、同じ目線で綴っていきます。

▼さくらふ写真HP
https://www.rikadono.com/rikadono/

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:0744-46-9124
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝)

ページトップへ戻る