2021.08.10

【旅×フィルムカメラ第10弾】名機OLYMPUS XA2を持って福井県の今庄をフラッと巡ってみた(作例あり)

旅好きな私かどのが、フィルムカメラやオールドレンズを相棒として携え、出会った素敵な景色をお見せしていく連載。

今回で第10回目を迎えました!続けさせていただけて、嬉しい限りです。

こちらの執筆を通して、旅の楽しさ、そしてフィルムカメラの楽しさに、私自身ますます魅了されてきているので・・・

読んでくださる方にもそんなワクワク感が伝わるよう、本日も作例たっぷりでご紹介していこうと思います^^

 

さて、今回撮影したカメラは、「OLYMPUS XA2」です!

日常的に持ち歩ける、コンパクトフィルムカメラのベストセラー名機。

OLYMPUS XA2を携えて向かった先は、福井県南条郡南越前町に位置する今庄という宿場町。

初夏の季節に青々とした自然や、宿場町の味わいを感じながら、スナップ撮影を楽しみました。

OLYMPUS XA2は、操作方法もめちゃくちゃ簡単で、写りにも定評あり、初心者の方には特にぜひおすすめしたい1品となっております^^

OLYMPUS XA2について

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA(オリンパスXA)シリーズは、コンパクトカメラの歴史に残る新基軸を打ち出した名機のひとつ。

オリンパスXAシリーズの特徴、それが「キャップもケースもいらない」フィルムカメラであるということ。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

カメラボディーと一体になっている、バリアーと呼ばれるレンズカバーを開け閉めすることで、いつでも一瞬で撮影状態に入ることができる優れもの。

日常的に持ち歩いて、さっと撮影したいときに重宝されますね。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

オリンパスXA コンパクトカメラの歴史を変えたケースレスフィルムカメラ

*スペック*

重量:200g
大きさ:102mmx65mmx40mm
レンズ:D.Zuiko 35mm 1:3.5 4群4枚
絞り:自動制御 シャッター兼用2枚羽根方式 F3.5-F14
ピント方式:マニュアルフォーカス 3点ゾーンフォーカス
撮影距離:0.9-1.8m、1.2m-∞、6.3m-∞ 露出制御
制御範囲:EV2.6(F3.5 2秒)〜EV17(F14.1 1/750秒)
露出補正:フィルム感度操作により可能
シャッター形式:プログラムAE式電子
シャッター 速度:2s〜1/750s
ファインダー:アルバダ式ブライトフレーム 倍率0.55倍
ストロボ:着脱方式
電池:LR44 2個
フィルム送り:手動巻き上げ
発売:1980年6月

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

オリンパスXA2は、おそらくXAシリーズでもっとも売れた機種。

初代を差し置いてグッドデザイン賞も受賞してます。

確かに見た目もころんとしていて可愛らしく、カラーも赤、青、グレー、ピンクがあるそうです。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

機能の特徴としては、

ゾーンフォーカス(ピントが目測式)

・露出制御はプログラムAEのみ。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

まずこのゾーンフォーカス。てこずったというか、特に調べずに撮影して、あとから「やっちまった!」となったのです・・・

目測式でのピント調整は、ボディ正面にある、ゾーンフォーカス(ピント合わせ)レバーで合わせていきます。

3段階の距離がどれくらいを示すのはわらからずだったのですが、後で調べてみると、0.9-1.8m / 1.2m-∞ / 6.3m-∞<となっているようです。

最初に調べればよかったですね・・・特に最短撮影距離が思ってたよりも遠くて、これでピンボケを量産してしまいました。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

巻き上げは、親指で行うノブ式。

これは大人気オリンパスPENシリーズでも採用したものと同じで、小型軽量の老若男女が使えるカメラを目指したためとのこと。

【旅×フィルムカメラ第6弾】ハーフサイズカメラ OLYMPUS PEN EE-3×静岡南伊豆

この赤いシャッターボタンは正直どうにも好かんのんです。笑

OLYMPUS XA2(オリンパス)

押した時の感触がふにゃっとしててイマイチ・・・誤って押してしまうこともあり。

でも捉え方によっては、重厚感あるフィルムカメラで撮影するときの”この1枚に魂込めねばぁっ!”というプレッシャー感はあまりなく、気軽に撮影できます。笑

OLYMPUS XA2の作例

説明が長くなりましたが、作例紹介にうつっていきます。

今回、「OLYMPUS XA2」を携えて向かった先は、福井県南条郡南越前町に位置する今庄という宿場町。

知人が運営している「地域まるっと体験宿 玉村屋」さんに泊まらせていただきました。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

出発前の1枚。部屋のすりガラスがお気に入りで、毎朝この光で起きます。(夏はくそあちい)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

夕方出発の鈍行列車の旅。やっぱり私は車窓から見える移りゆく景色を見るのがすごく好きだなぁ〜。自分が反射してうつっちゃったけど、ベストシーズンの伊吹山です。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

光が差し込みいい感じに。フレアはかなり広い範囲に出やすいのでしょうか。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

車内の蛍光灯が反射。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

画面真ん中が白っぽくなる感じ、オリンパスペンでもこんな現象があったような。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

北国街道の宿場町として栄えた今庄地区、古い街並みや建造物が、実に立派なものでした。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

1kmほどの街道沿いは、お散歩にちょうど良い距離。古〜い神社や造り酒屋、そして渋い裏路地や猫さんとの遭遇など、発見が楽しい。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

ハスの名産地とのことで、大規模なハス畑へ連れてってもらいました。ちょうどお盆に向けた収穫の時期で、「地域まるっと体験宿 玉村屋」さんでは収穫体験のイベントをやったりもするそうです。

こんなに広いハスの棚田は初めて見ました。お米とハスがまばらに並ぶ田園風景は見事でした。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2、あんまり近くは寄れないし、遠景の方が得意なのかなぁと。多少のトンネル効果がより良い雰囲気に。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

息をするように、水の中でぽこぽこぽこ・・・と空気が出てたのがすごく興味深かった!水を弾くハスの葉はみていて楽しいです。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

前職の旅行会社の縁で、今回色々とご案内してくれた宿の方。まさにまるっと地域を紹介してくれたおかげで、すごく旅が充実したものとなりました。ありがとうございます!

OLYMPUS XA2(オリンパス)

地域の方々の思い入れがつまった昔の保育所が、集いの場として生まれ変わったカフェ、オリオンベイクさん。

ハイライト周辺の光が白く滲むような描写が、コンパクトカメラの少し不完全な描写力の良さな気がします。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

いってきます。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

途中駅、近江塩津駅がとても面白かった!地下へ入っていくような長い階段が。吹きさらしのホームはきっと雪国では耐えがたく、こうした工夫がされているのでしょうか。

冬は寒さを凌ぎ、夏は暑さを凌ぐ。すごく暑い日だったので、降りた瞬間、氷穴?!と思うほどひんやりしてて、生き返った思い出です。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

しかし、手持ちOLYMPUS XA2でさすがにブレブレ。ホラーみたいになりました。笑 モノクロで撮影したら良さそうな場所です。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

滋賀県の長浜駅にて途中下車。海じゃないですよ〜。夕焼けがうっすら綺麗でした。雲の多い空を撮影すると、どうしても周辺露光が落ちてちょっと不吉な印象になりますね・・。

琵琶湖沿いで風呂に入り、駅前で一杯ひっかけてから帰路へ。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

暗いところではどうしても手振れしてしまいます(手振れの原因は他にもあったりして)。

机や椅子など、どこか平らな場所を見つけてカメラを置いて、少しでもブレないようにすれば良かったですね!OLYMPUS XA2はフラッシュもついてるので、それを活用しても良かったかもです。

でも、結果こういうエモい写真も思い出に。女性一人でやっている小さなカウンター居酒屋。花札の柄が描かれたマッチ箱がディスプレイされててすてきだった。恵比寿さんのワンカップも!良い旅の締めになりました。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

こういう写りをみると、シャープで解像度も全然悪くなく感じます。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

自動露出だと難しそうな明暗差の激しい絵の撮影。奥の山筋までうっすらとですが見えるくらい、それでいて手前も黒潰れていない、ちょうどいい塩梅に仕上げてくれました。

これも、車内の雰囲気と窓の外の景色、両方を忠実に写してくれた。コンパクトカメラの写りにあまり期待していなかったからか、この写りにはちょっとびっくり!

OLYMPUS XA2(オリンパス)

逆光に弱いかもしれませんが、太陽を真正面に受けた時の激しいフレアは、やはり現代のカメラでは味わえない良い癖。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

目の前を過ぎ去る貨物列車の迫力。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

最後に余ったフィルムでおまけ写真を〜

OLYMPUS XA2(オリンパス)

なんとなく最近、赤を見つけると写真に収めることが多いみたい。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

35mmはスナップには何かと便利な画角ですね。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

盛大なフレアがすごく気に入っています。優しく滲む。青もすごく綺麗に写ります。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

水面に反射した光を捉えた!

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2(オリンパス)

街を歩いていると、土壁の隙間に並べられてた。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

個人的にゆかりある街へ足を運びました。

OLYMPUS XA2(オリンパス)

伝統あるショッピングアーケード、自由が丘ひかり街

OLYMPUS XA2(オリンパス)

日本のモンブラン発祥の店、「MONT-BLANC(モンブラン)」。激甘モンブランに、激苦コーヒー。最短撮影距離が90cmと知っていれば、もっとしっかり収めたのに、悔しい!

OLYMPUS XA2(オリンパス)

OLYMPUS XA2で撮影した感想

OLYMPUS XA2(オリンパス)

扱いやすさはピカイチです。スマホで写真を撮るくらい簡単で、画質も全然悪くない。

軽くてポッケにも入る手のひらサイズなので、旅先や日常的に撮影したいときに邪魔にならないサイズ感が嬉しい。

個人的には、今回訳あって右目を負傷していてあまり良いコンディションではなかったのですが、それでもせっかく旅に出るのならフィルムカメラで思い出を残したい。そんな折に、非常に役立ってくれました!

価格帯もお手頃なので、中古で見つけたらとりあえずポチっても損はしないんじゃないかなぁと。

他にもオリンパスの代表機種や、コンパクトカメラのおすすめもありますので、そちらの記事もぜひチェックしてみてください^^

フィルムカメラ名機 撮影散歩⑩MINOLTA TC-1/ G-ROKKOR 28mm F3.5(ロッコール)作例

【旅×フィルムカメラ第7弾】上質な撮影体験が叶う CONTAX TVS・薩埵峠 由比宿の旅(作例あり)

オリンパスのフィルムカメラ代表機種まとめ 個性的なカメラの数々を一挙紹介!

「写ルンです」よりお得!? 2万円以下で買えるオススメフィルムカメラ10選

著者紹介:かどの りか

著者紹介:かどの りか

家族写真をメインに活動するフォトグラファー。
デジタルカメラしか使ったことはなく、自己表現の幅を広げるべくフィルムカメラの世界に足を踏み入れました。
比較的若い世代にも、クールで味わい深いフィルムカメラの良さを気軽に楽しんでもらえるよう、同じ目線で綴っていきます。

▼さくらふ写真HP
https://www.rikadono.com/rikadono/

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:048-812-5011
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝(新型コロナの影響により土曜日もお休みいたします)

ページトップへ戻る