2021.08.18

【旅×フィルムカメラ第11弾】写ルンですよりお得?!初心者におすすめCanon EOS Kissで青春18切符 清里の旅 (作例あり)

旅好きな私かどのが、フィルムカメラやオールドレンズを相棒として携え、出会った素敵な景色をお見せしていく連載。

第11回目となる今回の旅は、青春18切符にて山梨は北杜市清里への旅。撮影したカメラは、「Canon EOS Kiss」です!

レンズは標準レンズキットの、「EF 28-80mm F3.5-5.6 IV USM」と、「 EF 75-300mm F4-5.6 II USMR」を使用しました。

超エントリーな価格で買える、だけど写ルンですやコンパクトカメラと違ってレンズ交換ができるし、ちゃんとレトロで綺麗な写真が撮れる!

カメラ全く初心者の人にも、すでに一眼レフを使いこなせていてフィルムカメラに興味ありな人にも、とってもおすすめです^^

【フィルムカメラ遊泳記6話】 初心者でも簡単!フィルムカメラの操作方法

Canon EOS Kissについて

*スペック*

Canon公式サイトをご参照ください。

手軽に簡単操作で使える一眼レフとして、ソフトな名称「Kiss」の名とともに、初心者にも扱いやすいエントリー機種として、ファミリー層にも人気を確立してきたCanon EOS Kissシリーズ。

その初代にあたるのが、今回ご紹介する「Canon EOS Kiss」です。

気軽にフィルムカメラの味わいを体感できると言ったら、コンパクトカメラ写ルンです、などが挙げられることも多いですが、写りを見てみて、「なんか物足りない・・・」と感じる人もいるのでは。

そんな、もう一歩本格的にフィルムカメラを楽しみたい!と思っている人には、Canon EOS Kissはちょっぴり穴場的な魅力があります。

なんてったって今、中古で格安で手に入る機種。

・値段も超エントリー!

・レンズ交換ができる

・一眼レフカメラのクオリティ

個人的には、画質・操作性、ともに大満足でした。また、Canonユーザーとしても、なんとなく親近感を感じながらの撮影でした。

すごくシンプルでわかりやすいボタン配置な気がします。

余談ですが、私が初めてカメラを買う時、右も左もわからず、「とりあえずCanonは機械音痴の人でも使えるように、ボタン配置が親切だよ!」と誰かに教えてもらったので、メカアレルギーのある私(今ではカメラとパソコンを使う仕事をしてるなんてちょっと信じがたい..)は、Canonに決めました。

パノラマモードもできるんですね!今回は使用しませんでしたが、面白い。

フィルム装填の際は、まずここのつまみを矢印↑の方向へ上げて、

ぱかっと。全自動なのでフィルム装填も巻き戻しも、とっても簡単です。

Canon EOS Kissの作例紹介

EF 28-80mm F3.5-5.6 IV USM

まずは標準ズームレンズから。フィルムは主にKodacolor200を使用して撮影しています。

青春切符でとことこ鈍行の旅。寄り道が醍醐味なのです。早速、中央線笹子駅にて途中下車。

廃校を活用して医院になったのかしら。駅からの眺めがすでに良き。

透明な天井板に光が差し込み、幻想的な影。

光と影の描写がいい感じ。

お目当てはこちら。下道でふらふらと国道20号を通る時にいつも見る看板。今日は初めて店舗へお邪魔することに。

夏らしいオレンジのユリの花。

試飲も色々させてもらい、こちらの2本をゲット。

試飲で使うプラコップを厚かましくも頂き、列車のボックス席でちびちびやります。

↑ズームレンズでF3.5でこのボケ具合、なかなかですよね!

JR小海線 清里駅に到着。

ズームレンズはやっぱり旅ではとても重宝するなぁ。咄嗟に柔軟に対応できる。色んな画角の単焦点レンズを持っていくのは重いし、付け替えが面倒なんです。

こちら方面の駅弁といったら。明治18年創業の歴史ある、峠の釜めし本舗 荻野屋さん。清里駅構内の売店はもう閉業しちゃってるみたい。ここで買ってみたかったなぁ〜

駅舎の窓がレトロ、だけどどこか洋風でしゃれおつ。

清里って感じだな〜洋風田舎だいすき。

いちいちおしゃれやな〜清里。

お馬さんだらけ。同じ北杜市、数駅手前の小淵沢は、馬術競技場があったり「馬のまち」として知られるんですって。

1駅下ってお次は、標高1345.67mに位置する、JR線の中で最も高い、野辺山駅。むちゃ涼しいですよっ。

歩いて滝沢牧場さんへ。前回行った時お休みだったから、入れてよかった!ここは1日中いれる・・・。

静かにお馬さんと対話していた男の子。

牧場で猫ちゃん。伸びた瞬間の少しまぬけなお顔を失礼いたします。

やっぱりフィルムカメラの写りはいいなぁ〜と思う一枚。時代をタイムスリップした気になります。市場で焼きとうもろこし。う、うまかった・・・。そして画質良い。

色味が柔らかい。若干黄色みや温かさを感じるのは、Kodacolor200の特徴でしょうか。

ちなみにこちらは実家で採れた今年のスイカ。(突然違うシーンの写真を入れ込む)

夜の列車にも乗車。星空を見に行ったのだけど、あいにく曇って見えず。光線が滲んでて、ちょっと不思議な写真が撮れました。ぶれないように、手すりの上にカメラを置いて撮影。(↓この写真はSUPERIA PREMIUM 400)

帰りの路へ。

八ヶ岳高原列車の愛称を持つ、JR小海線。どこを見ても美しい山々を眺めることができます。

小淵沢駅ホームから見た山、うっすら光が当たる雰囲気が神秘的。一時期、山間地に住んでいたこともあるのですが、山が見せる絶妙な表情の数々にはやっぱり心動かされます。

夕暮れどき。山脈の稜線。グラデーションが美しい。

甲斐大泉駅。甲府盆地を抜け、再び列車は山間部へ。

温かい色味、光、最高です。

途中停車駅で、ぼーっとしている時にみつけた光。

EF 75-300mm F4-5.6 II USMR

さて、今度は望遠ズームレンズの方の作例を。フィルムは主に「SUPERIA PREMIUM 400」を使用しています。

フィルムを変えたら、がらっと雰囲気変わりますね。青緑っぽい。

清里のまきば牧場。リアルハイジの世界ですね。

これは結構頑張って狙って撮れた1枚。木々に同化している小鳥さんの後ろに、光が当って白っぽくなっている木を背景に。300mmだとまだまだ野鳥撮影するには短いですが、それでも嬉しい。

こちらも。羽を前に出した瞬間のとんぼ。300mmのボケ感がえぐいので、一気に雰囲気でます。

色がこってりとしていて、美しい。

疲れちゃったのかな?パパは頼もしい。

ここでもたっぷりお馬さんを愛でる。かっこいいのが撮れました。

毛並み、ひずめの質感、細かい描写も抜群です。

Canon EOS Kissで撮影した感想

あ〜楽しかった!笑

普段使用している一眼レフカメラもCanonですし、初めて買った一眼レフカメラもCanon EOS Kissシリーズでしたので、ボタンの位置や持った時の感触などなど、なんとなく馴染みやすかったです。使い勝手が良すぎて安心して身を委ねられました。

初心者の方ほど、オートモード充実の高性能な現代カメラからデビューする方が安心と思いがちかもしれませんが・・

正直、少しでもフィルムカメラに興味を持っている方だったら、断然Canon EOS Kissのこちら初代をおすすめしたい。

どうせ一眼カメラの操作を覚えたいんだったら、あまり変わらない気がしてしまいます。

むしろ、多機能すぎてメカアレルギーを出すタイプの方、結局高いカメラを買っても使わなかった・・・となるくらいだったら、Canon EOS Kissで撮れる1枚の喜びを知って欲しいなぁ^^

Canon EOS 3 フラッグシップの高性能を先取りした軽快なAFフィルム一眼レフ

【2021年版】フィルムカメラの写真をデータ化する方法6選!

【2021年版】カメラ用フィルムの選び方とおすすめカラーネガフィルムまとめ

著者紹介:かどの りか

著者紹介:かどの りか

家族写真をメインに活動するフォトグラファー。
デジタルカメラしか使ったことはなく、自己表現の幅を広げるべくフィルムカメラの世界に足を踏み入れました。
比較的若い世代にも、クールで味わい深いフィルムカメラの良さを気軽に楽しんでもらえるよう、同じ目線で綴っていきます。

▼さくらふ写真HP
https://www.rikadono.com/rikadono/

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:048-812-5011
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝(新型コロナの影響により土曜日もお休みいたします)

ページトップへ戻る