カメラ・レンズ用語集

明るいレンズ・暗いレンズ

明るいレンズと暗いレンズとは、レンズの開放F値による呼び名。

 

「明るいレンズ」は開放F値が小さいレンズのことを指している。

単焦点の標準レンズではおおむねF2以下。

ズームレンズや望遠レンズでは開放F2.8くらいから明るいレンズと言われることが多い。

 

「暗いレンズ」とは開放F値が大きいレンズのこと。

標準単焦点ではF3.5クラスは暗いレンズとされることが多い。

 

またあくまでも相対的な言葉のため、F1.4のレンズに対してF2のレンズは暗いレンズとなる。

 

おすすめ関連記事

【撮影基礎講座1】誰でもわかるカメラの露出。絞り・シャッター速度・感度で写真をコントロール!

【撮影基礎講座9】レンズの焦点距離と画角とは? 標準・広角・望遠の違い

一覧へ戻る

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:048-812-5011
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝(新型コロナの影響により土曜日もお休みいたします)

ページトップへ戻る