カメラ・レンズ用語集

開放測光

一眼レフカメラにおいて、TTL露出計の測光を、絞り開放状態で行うことができる機構のこと。

 

TTL露出計はレンズを通った光を計測するが、絞りにより変化する光の量をそのまま測ろうとすると、絞りの値が小さくなったとき、ファインダーが暗くなってしまう。

 

そこで、絞りリングを動かしても、その時点では絞りが開放のままとして、カメラ本体にデータとして絞り値を伝達することで、ファインダーが暗くならずに済む機構が生み出された。

(撮影時には自動的に絞りが設定値まで絞り込まれる)

 

バヨネットマウントでは比較的容易に実現できるが、M42マウントのようなスクリューマウントでは絞り値の伝達が難しいため、ペンタックスなどのメーカーのマウント変更の主要因となった。

 

→自動絞り

→絞り込み測光

一覧へ戻る

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:0744-46-9124
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝)

ページトップへ戻る