カメラ・レンズ用語集

レンズコーティング

レンズの表面にはコーティングが施されている。

 

そもそもの目的は、レンズの表面反射を減らすこと。

 

レンズのガラスと空気とが接する場所では光量のロスが生じ、使用枚数が多いレンズではロスの量も非常に大きくなる。

 

そこでロスを軽減するコーティングを施すことで、ガラスと空気が接する面が多いレンズの実用が可能となった。

 

例:標準レンズが戦前のゾナータイプから戦後のダブルガウスタイプに

 

いっぽうコーティングを施すことで、逆光などシビアな光線状態におけるフレアやゴーストの発生を抑えることも可能となり、現在ではコーティングの技術の進歩はこちらの改良を主眼としている。

 

→ノンコート

→モノコート

→マルチコート

一覧へ戻る

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:0744-46-9124
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝)

ページトップへ戻る