カメラ・レンズ用語集

ゾナー

ゾナーとは、戦前にルートヴィッヒ・ベルテレによって発明されたレンズの一形態。

 

3群5枚。

 

戦前には大口径のハイスピードレンズとして標準レンズに用いられたが、レンジファインダーカメラから一眼レフカメラへの移行に伴い、望遠レンズでの使用にシフトしていく。

 

大口径標準レンズの主流の座はダブルガウスに譲った。

 

その理由は、バックフォーカスが長く取りにくく、ミラーのスペースを捻出しにくかったため。

 

またコーティングの進歩もダブルガウスへの移行の理由だった。

レンズコーティングがない場合、ガラス面と空気との境界で光量のロスが生じてしまうが、ダブルガウスの6面に対しゾナーは4面しかないため、コーティングが未発達な戦前にはその分効率がよかったのだ。

一覧へ戻る

サンライズカメラは全国一律送料無料でお届けします。13時までにご入金いただければその日のうちに発送いたします(定休日除く)。

サンライズカメラ 訳あり品特集

サンライズカメラ
  • サンライズカメラ 電話番号:0744-46-9124
  • 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝)

ページトップへ戻る